世帯 主 から みた 続柄。 【誰でもカンタン】世帯主との続柄の正しい書き方まとめ!間違わないために覚えておくべき3つのポイント!|エンジェル投資家からの資金調達&起業家への出資ならFounder(ファウンダー)

世帯主の続柄の書き方を書類別に紹介 ひとことに続柄といっても、書類ごとに求められている意味が違います。

書類によってどのような書き方をするのかを知っておく事により、スムーズな記入ができます。

つまり誰かがやってくれるのではなく、自分で納税金額を確定して納めなければいけないということです。 【世帯主の定義】 その世帯の中で物事を判断して、進めていく人。 「あなたとの続柄」を書く書類の代表は、 ・年末調整 給与所得の扶養控除等(異動)申告書 ・給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書 「あなたとの続柄」=「あなたから見てどういう関係ですか?」ということです。 関連記事 ・ ・ ・ よくある質問 そもそも、続柄は何を表している? 親族の中心人物から「続く間柄」を表しています。 兄弟や姉妹の場合、長女や長男はそのままで書く事ができます。 主に戸籍や住民票で使われる言葉で、税金や社会保険などの公的な手続きの書類に記入する欄があります。
59

一般的な書類ではプライバシーの保護の目的のために、続柄の書き方としては全て子で統一されます。

夫が続柄を記入する場合、妻の世帯主との続柄はどのように書くのが適切でしょうか。

関係性を書くとしていますが、このようなとき「親子」とは書かない事も覚えておいてください。

もし あなたが世帯主ならば、続柄は「本人」となります。

現在では「続柄」に「ぞくがら」の読み仮名が振られていたりもするほどで、「ぞくがら」の読み方が誤りであるとは言い難いものになってきています。

同居している同一生計の中で1番お金を稼いでいる人のこと これになります。

経済的、社会的な代表者を一人定めているということです。

あなたとの続き柄を示すものが一般的な意味となります。

この期間は、続柄に妻と書く事は出来ません。

自分の子供を書く場合は、すべて「子」と書きます。

66