パワーポイント 音声 再生。 オーディオデータのループ再生

そうすると、そのスライドの音声を録音し直す必要はありません。

スライドショー画面に遷移します。

アドバンス スライド このスライド ショーのバージョンを手動でページ送りできるように設定します 記録はスライドごとにプレゼンテーションに追加されるので、記録を変更する場合は、影響を受けるスライドの再記録だけが必要です
スライド切り替えのタイミングを手動で設定する PowerPoint では、ナレーションを追加したときに自動的にスライド切り替えのタイミングを記録するか、手動でスライド切り替えのタイミングを設定してナレーションに添付することができます
該当するスライドすべてに対してこの操作を行います ナレーションの記録を終了すると、記録されたスライドの右下に小さい画像が表示されます
PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint 2019 PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 スライド シュー中、特定のスライドが現れたとき、音楽やその他のオーディオを自動的に再生するように PowerPoint に指示できます 音量調節 音量を調整するには、[音量] を選択し、希望する設定を選択してください
また、動画ファイルとして保存することもできます ウィンドウ左上にある [ 記録] ツールバーを使用して次の操作を行うことができます
一度に すべてのスライドから タイミングを削除します• タイミングやナレーションを削除する [ クリア] コマンドを使うと、必要のない、または置き換えたいタイミングやナレーションを、記録から削除できます 次のスライドに移動する:• 次のスライドを表示するタイミングを、マウスをクリックしたときにするか、入力した秒数後に自動的に切り替わるようにするか、いずれか早い方にするには、[ クリック時] および [ 自動的に切り替え] チェック ボックスの両方をオンにします
文字中心のスライドであればPDFファイルの配布で問題ありませんが、音声のナレーションや動画は、PDFファイルでは再現できません 一度に すべてのスライドから タイミングを削除します• 飯塚 良哉 — Microsoft Support [この回答で問題は解決しましたか? オーディオが挿入されると、スライドにサウンドのアイコンとオーディオコントロールが表示されます
右端のボタンで次のスライドに進みます 「タイミング」メニュー内にある「すべてに適用」はクリックせず、スライドごとに任意の表示時間を入力することで、スライドごとに切り替え時間を設定できます
この状態でスライドショーを開始すると、スライドショーが1回だけ自動再生され、最後のスライドまで表示された後に終了します 作成したビデオファイルをメールなどで添付する場合はファイルサイズが小さい方が適していますが、DVDに保存したり、Web上の共有フォルダーなどに保存したりするのであれば、高品質な画像の方がプレゼンテーションの再現性を保持できます
これには、発生したのステップと、各スライド上でのトリガーの使用が含まれます Teams の画面共有時に「 システムオーディオを含めます」にチェックを入れることで PC から出る音を相手に共有できるようになります
19 38
連番ではないスライドを繰り返し再生したい場合は、標準編集画面左側のサムネイルをドラッグ&ドロップすることで、連続した順にスライドを入れ替えておきましょう。 [ 標準] ビューで、スライドの右下にあるサウンド アイコンまたは画像をクリックし、[ 再生] をクリックします。 音声マークは表示されるとのことですが、通常はそちらにマウスカーソルを合わせると、三角の再生ボタンや音量調整のボタンが表示されます。 種類を表示する 全画面またはウィンドウで表示します。 264 AACでエンコードされたMP4 サポートしている音声形式: AACでエンコードされたM4A ちなみに、 動画ファイルは大きすぎるため、PowerPointファイルに追加することができなくて、あるいはPowerPointファイルの開くプロセスを遅くなる可能性もあります。 リボンの [ ファイル] タブの、[ オプション] をクリックします。 WonderFox DVD Ripper Pro という最も有効なDVD抽出ソフトを利用すれば、DVDの動画や音声ファイルを抽出して、PowerPointに追加できます。 この時、音声クリップがウィンドウの一番上に来ていることを確認しましょう。 フェードアウトは、特にBGMなどを自然に終わらせたい場合に重宝します。
29