カテキン ウイルス。 お茶がコロナを迅速・効果的に不活化 京都府立医大の教授が指摘(食品新聞)

山田センター長は、分子ドッキング法でテアフラビンとガレートカテキンが選択的に新型コロナウイルスにくっつき、新型コロナウイルスが宿主細胞に吸着するのを阻害する仮説が導き出されたことを紹介し、今後の基礎研究や臨床試験に期待を寄せた。

血圧上昇抑制作用• それならば、コロナ予防のためにも毎日、緑茶を飲めばいいではないか。 この2つの成分には、どのような効果があるのでしょうか? テアフラビンの効果 テアフラビンには、非常に強力な殺菌作用が確認されています。 作り置きして放置したものですと雑菌とかが怖いので。 カテキンには抗菌・殺菌作用、活性酸素除去作用をはじめ様々な効果・作用がありますが、なかでも注目すべきはインフルエンザ A、B型 の感染力を失わせるほどの抗ウイルス作用です。 この日の府議会代表質問で西脇隆俊知事が答弁した。 ポリフェノールの一種で、お茶に特有の、渋い成分のもとにもなっている。 インフルエンザウイルスは、ウイルス粒子の表面からスパイク状に突き出した2種類のたんぱく質を利用してのどや鼻腔の細胞に感染します。 日本の緑茶とは製法が違い、味も違えば成分も違うようです。 お茶を毎日飲んでいる そんな、カテキンの抗ウイルス作用を知り (以前から「インフルエンザ対策に良い」とよく聞いてましたが、へぇそうなんだ・・・くらいにしか興味なかった) 最近は毎日お茶を淹れて飲むようになりました。 たとえば日本カテキン学会によれば、紅茶エキスでのインフルエンザウイルスに対する実験において、A型は約300分の1の濃度、B型は約125分の1の濃度で60分作用させるとインフルエンザウイルスの感染力が失われるとされています。
22 16

ま、合わなくても症状は軽くなると言われていますが。

中でウイルスの複製が出来ず、そっちの方向でも感染拡大がブロックされるんです。

一方、カテキンのウィルス感染予防効果は、ジョイントの部分をふさぐものであるため、ウィルスのマークの違いによらず発揮することができます。

またそれらの治療薬と比較された18種類の成分は、すでに抗ウイルス作用が知られている成分または2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスへの抗ウイルス作用が報告されいている成分です。

しかも、茶葉の中にはカフェインも含まれています」 緑茶10杯を毎日飲み続けるのはとても大変。

吹きかけるのに使うので、色が出なくなった出涸らしを使用するのが良いのですね。