ダイナミック プライシング。 ダイナミック・プライシング

そもそも、AIを扱える人材を自社で用意するのはハードルが高いです。

ユニバーサルスタジオジャパンは、2019年から シーズンごとに異なる価格でのサービス提供を開始しました。

これまで経験と勘によるところの大きかった「値付け」は、AIの登場により膨大なデータから最適な価格を導き出す競争になった。 それこそオリンピック コロナとか関係なく通常どおり開催されるオリンピックを念頭に置いて が行われれば観客や選手が宿泊のためにホテルを大量に使いますが、特別大きなイベントが無い平日などはホテルが混雑してどの部屋も取れないという事態にはあまりならない筈です。 「宿泊施設」にはホテル、旅館、民宿と大小さまざまありますが、近年では世界最大規模の民泊仲介サイト・ Airbnbの利用が進んでいます。 Q:対象外となる席種はありますか? A:企画チケット、車いす席はダイナミックプライシングの対象外となります。 一例でいえば、あるイベントのチケットを販売するにあたり、売り出し初日は標準価格で売り出したものの、人気が高いとみると翌日の販売価格を値上げし、逆に売れ行きが停滞した場合は翌日の販売価格を引き下げる。 状況によって変更が行われない日もございます。 しかし、ダイナミックプライシングを活用すれば、これらの悩みを解決できるのです。 そこで出てくるのがAIを活用したダイナミックプライシングです。
89

対象商品を購入するとLINEポイントが還元され、実質10円の値引きとなる。

もちろん、その反対もあります。

需給の見極めが単純な航空・ホテル業界以外では、ダイナミックプライシングを実現するための指標の設定やデータ収集の方法、それに伴う分析などかなり複雑となります。

午前中に製造した惣菜を夕方になったら安くする、閉店間際に生鮮食品の値段を下げて売り切る……といった手法は、以前から当たり前のように用いられてきました。

しかし一度導入してしまえば、初期費用にかかったコストは恒常的にはかかりません。

ダイナミックプライシングのメリットと注意点 一見すると、利用しない手はないように思えるダイナミックプライシング。

Q:チケットの変更やキャンセルはできますか? A:通常の販売と同じく、チケット購入後の変更やキャンセルは行えません。

一方で、外部委託は投資コストがかかります。

であれば、繁忙期は値段を上げて閑散期は値段を下げることで、需要の変動によって経営が行き詰まることを防ごうと考える。

Chapter1 価格が柔軟に変動するダイナミックプライシング 近年、同じモノやサービスであっても状況に応じて価格が変動する「ダイナミックプライシング」が注目されています。

人力よりも効率的かつ 最適な利益をたたき出すことができるのです。

メジャーリーグや首位攻防戦・有名選手の引退試合など付加価値が高い場合は、その分チケット価格もあがります。

クーポンの利用状況をもとに来店頻度や給油量などのデータを収集し、値引きが少ないと来店しない顧客には値引き額を多くするなど、顧客の行動特性に応じてクーポンを提供する。

なお価格設定は、過去のサガン鳥栖のチケット販売実績と販売期間中の販売実績を基にダイナミックプラス株式会社の独自の価格算出技術を活用し行われます。

航空会社やホテル側が季節や曜日などの需要予測を元に数カ月先の価格を提示。

以下の日程以外は、平日用チケット設定日となりますよ。

現代のAI技術は事前にわかっているものへの対応は優れていますが、需要の変動要因に対する要素の把握は不十分です。

また、商品の在庫やサービスの空きがなくなるというのもメリットの1つ。

17