パナソニック。 パナソニック

空調冷熱ソリューションズ事業部• IS社、US社の電池関連の事業領域をベースに、パナソニック エナジー株式会社• 1990年代初頭に使用された - 「 NATIONAL」ロゴを、「 National」へ変更
4月1日 - パナソニック電工、三洋電機を完全子会社化 当時は幸之助の妻・むめのと妻の弟である(後のの創業者)の3人で営業していた
だが、背景には、エネルギー技術の戦略を早期に軌道修正する必要に迫られていたことがあげられる その名の通り、本体がスリムなデザインであった
日本国内では、に始まった「National」(1973年までは大文字の「NATIONAL」表記がされることもあった)ブランドとに始まった「Technics」ブランドを使用していたが、日本国外で商標権の関係から使用できないこと、また保守的なイメージの刷新を狙うという理由で、1986年より「Technics」ブランドの領域となる高級オーディオ部門を除く映像・音響機器部門(放送業務用機器も含む)に「Panasonic」ブランドの使用を開始した 経営理念 [ ] 綱領 産業人たるの本分に徹し、社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与せんことを期す 信条 向上発展は各員の和親協力を得るに非ざれば得難し 各員至誠を旨とし一致団結社務に服すること 私たちの遵奉すべき精神 産業報国の精神、公明正大の精神、和親一致の精神、力闘向上の精神、礼節謙譲の精神、順応同化の精神、感謝報恩の精神 沿革 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です
1ショップ」をパナソニックショップへと転換・統合する旨が決定 最後の you-oZおよび you-oZ DDは低価格商品として後記の Vシリーズと併売
ソニーがを発売すると、ナショナルは東芝(「ウォーキー」)や(「カセットボーイ」)と共にいち早くこの市場に参入した CMにが起用されていた
AP社、ライフソリューションズ社(LS社)の空調、空質関連の事業領域をベースに、空質空調社• 2日後のに「Panasonic」看板取付 6月 - が(現・二丁目)の借家で用の製造販売を始める
との共同開発 3月31日 - この日をもってグローバルブランドスローガン「Panasonic ideas for life」および「eco ideas」の使用を中止
しかし、「Technics」ブランドの終息後もオーディオに関する研究は続けられ、近年は通信回線の高速・大容量化によりが話題になりつつあることが追い風となって、2013年にはTechnics復活プロジェクトが正式に社内で立ち上がり、研究開発が行われた なお、パナソニックと三洋を合わせたニッケル水素電池事業のシェアが高いため、三洋は車載用以外のニッケル水素電池(を含む)を製造する三洋エナジートワイセル(現・)等を(の子会社)に譲渡した
11 43