タレコミ 馴れ合い。 馴れ合いとタレコミ|馴れ合いが嫌われる理由と職場での対策方法

人件費もかさみ、職場の業績の低下や経費の増大にも繋がってしまうというデメリットがあるでしょう。 例として挙げるのであれば、「警察」と「報道機関」の「馴れ合い」によって、非公開の捜査情報が不用意に漏れてしまうといったリスクが増してしまうというものです。 困難な状況を出来るだけ素早く脱するためにするはずの努力や工夫が、「馴れ合い」が発生したことで妥協を生み、結果として時間の浪費に繋がるのです。 仕事であれば、「馴れ合い」によって効率が低下し、残業時間が増えれば、残業代の支払いも発生します。 「馴れ合い」によって引き起こされてしまうデメリットのひとつとして、「タレコミ」があります。 「馴れ合い」によって、本来であれば保持されたはずの機密が、あってはならない場所に漏えいしてしまう危険性があります。

近すぎてしまうと本来スムーズに遂行できたはずの業績がぐっと低下してしまう危険性もあるのです。

そんなとき、「馴れ合い」は、この「緊張感」を消し去ってしまう危険性さえあるのです。

適度な「緊張感」は、人間が成長するためにとても重要な存在です。

本来であればある程度厳しく部下をチェックしてるはずの上司と「馴れ合い」を起こしてしまえば、「失敗しても怒られないだろう」という気持ちをはじめとして、妥協を生みやすくなってしまうのです。

それぞれの距離が一定に離れているからこそ、公平に物事を進めていける場合は少なくありません。

「集中力」の低下によって、得られる結果も効率も低下するデメリットが発生してしまうのです。

たとえば、本来であれば対立した状態で、緊張した関係を持つべきシーンはありますよね。

しかし、現代の社会生活に関係して使用される場合、「馴れ合い」とはマイナスのイメージを表現していることが多く、良い意味で取り入れられていることはごく少なくなっています。

15