私 たち は どうか し て いる 11 巻。 私たちはどうかしている50話11巻予想!ネタバレ注意

宗寿郎は「七桜と2人きりにしてくれ」と今日子と椿を部屋から追い出した。 80
城島は色々調べて、七桜の事情も理解していた そして栞にできるだけ早く式を挙げましょうと声をかける
ーーーその頃、目を酷使しながら椿もお菓子の試作品を作っていました 久しぶりに椿の点てたお茶を飲むと、心がないと言って出て行ってしまいます
母屋で2人きりになった七桜と大旦那 21時に「よろづ楼」で待ってます」 七桜はそれだけ言うと、雪の中傘を差しながら去っていきました
そして店がもしかしたら七桜にとられるかもしれない、とますます危機感を募らす女将にもハラハラしますが、そんな様子に対して椿は「自分が必ず勝つ」と宣言する様はかっこいいです 七桜は、除夜祭の菓子作りに試行錯誤する余り、倒れてしまった
見た目も可愛いし、香りもすごく良さそうな一品 違う・・・ 自分と七桜はそんな簡単な関係じゃない
女将さんがお義父さまに食事を持ってきたという 七桜は「多喜川さんがそんなふうに思ってくれてたなんて」と思いながら椿のことを思い出して胸がきゅっとなるのだった
「下がれ 僕の気持ちを知っていてほしかったんだ
そして大旦那は話し始める すると、七桜はこう答えました
露骨じゃないけど 一瞬、お互い止まりますが、椿はすぐに大旦那の蘇生に取り掛かります
2