次期 型 エクストレイル。 次期「エクストレイル」に搭載!? 直3なのにV6のような「VCターボエンジン」に試乗

2020年型日産・ローグはつい先日発表されたばかり。

全長 4,690mm• 日本で登場する次期型エクストレイルのスペックは明らかになっていませんが、内外装のデザインや機能などに関しては、新型ローグと同様になると予想されます。

日本仕様では、さらにe-POWERモデルの追加が有力となっています。

ワイドになったVモーショングリルや、2段式ヘッドランプ形状が特徴的。

三菱自動車の『RVR』も欧州じゃ売れているけれど日本だと伸び悩む。

オフロードでの走破性や、防水の合皮シート、洗えるプラスチック製の荷室床板などをアピールし、タフで実用的なイメージを定着させた反面で、質感という意味では訴求力が弱かった面も否めない。

75

なお、日本で販売されている現行エクストレイルのパワートレインは、2リッターガソリンと、2リッターガソリン+モーターのハイブリッド仕様を設定。

ワールドプレミアは早くて2020年夏ごろが濃厚です。

これまでもエクストレイルの北米版として発売されており、新型エクストレイルとして日本市場に投入されるのでは? と噂されている。

2013年12月に登場した3代目となる現行型のエクストレイル(T32型)は、ルノーと共同開発のプラットフォームを採用。

年度内に技術移転に関わる契約を終え、早期の市場投入を目指す。

ヘッドライトは上下に分かれており、どのような点灯方式になるのか気になります。

テールライトも薄型の新デザインを採用し、スポイラーは再設計されています。

内装における変更点は、従来モデルで埋め込み式だったディスプレイが、9. 現在も販売されているジュークの最廉価グレードは201万1900円。

0となるのかが注目所となります。

ただ、2020年12月発売の新型ノートから搭載される新方式のナビ連動型プロパイロットはプロパイロット2. SUVが大ブームの中、国内における日産のSUVラインナップは、コンパクトSUVの「キックス」と、2013年12月のデビューから間もなく丸7年となる「エクストレイル」の2モデルのみ。

日本で登場する次期型エクストレイルのスペックは明らかになっていませんが、内外装のデザインや機能などに関しては、新型ローグと同様になると予想されます。 0Lハイブリッドを用意。 ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が1つのユニットに統合されている所がポイントとなります。 CMF-Cプラットフォームは、現行型エクストレイルに採用するCMFプラットフォームを軽量化し、かつ剛性も向上させた進化版で、最新のADAS(先進運転支援システム)「プロパイロット」にも対応している。 リアコンビランプに関しては、日本の伝統的な木工である「組子」のディテールやパズルからインスパイアされています。 4%まで落ち込んでおり、新型コロナウイルスの影響があるため一概に比較できないものの、大きく下落しています。 文:吉川賢一 写真:NISSAN、MITSUBISHI、ベストカーWEB編集部 新型のエクステリアデザインは、従来モデルの流麗なボディラインから大変身。
37