Ark 食料 保存 庫。 【ARK】全装備イカダ拠点【PS4】|HIGA|note

86
上手く設置できないときは何度かやり直そう を入れることで自動的に点火し、煙が出てくる
つまり通常の食料保存庫の使い方よりも、発火粉の消費量だけは、維持コストも入れて2倍程度に増える事になります この処置はイカダの左側にのみ必要となる
(上部分の図) ドアをつけて、操縦席側に階段かスロープを付ける 例えば、5個の食料保存庫を用意してフル稼働すれば、干し肉1個当たりの作成時間は「6分」にまで縮める事が可能です
傾斜屋根の設置後は壁は撤去する 一個作るのにゲーム内で一日もかかるうえに大型の恐竜をするとなればトータルでそこそこの量を要求されます 作成時間に関しては 保存庫を複数設置して同時に作ると短縮になりますが増えれば増えるほど発火粉や原油の管理が大変になるので注意しましょう 海中での活動に必要なスキューバ装備や雪山に必須の装備など、準備を完璧に整えようとすると中盤以降になってしまいます 序盤から手っ取り早く原油を集めるならに騎乗さえできれば何とかなります メガロドンなどに注意しつつ以下の手順で採掘しましょう 1、をし、サドルを作る 2、アップで酸素ゲージを伸ばしておく 3、を用意し、海の比較的浅い所で原油の岩を探す 4、原油を見つけたら酸素ゲージに注意しつつ採掘. 食料を水分抜き・低温殺菌し、長期保存するための保存容器
食材は最大で8つまで使用することができます たとえば、20個の肉には84個の発火粉が必要になりますが、20個の霜降りと20個の肉には火薬が144個必要になります
冷蔵庫とは異なり、食料保存庫はを保存できます ペイントとカラー領域 [ ]. 完成したレシピ本と食材を一緒に鍋の中に入れて火をつければ完成です レアフラワーとマッシュルームは沼地などでよく採取できます
作り方 調理鍋の中にメモ用紙を入れるとレシピ作成がでてくるので、カーソルを合わせてレシピ作成を開く 予め大量に作っておきたいアイテムでもあるんで、併せて干し肉も大量に必要になるはず
発火粉と一緒に食べ物を入れる事で、消費期限を延ばすことが出来る便利な設備ですよね キブルを作る時など、大量に欲しい場合にはぜひとも活用したい技です