テイク シェルター。 映画「テイク・シェルター」(2011) 感想とレビュー

保険を失って、一人娘の耳の手術も受けられなくなる。

悪夢に苦しみながらも、善き家庭人であろうと努める姿にも同情を禁じ得ない。

こうした細かい設定がストーリー全てに絡んできます。

It's a film that starts out interesting because we are greeted with characters that have humanistic problems, and we are left contemplating the same characters who still occupy problems. ホラー 主人公の見る進行する悪夢のシーンは、注意深く見ていると序盤に集中させ、後半には登場しなくなることがわかります。

これがロケ地の環境による偶然の産物かは定かではないが、これはおかしい。

科学的根拠のないようなディザスターにはうんざりするものですが、この作品のメインは精神的なもの。

カーティス自身も、重度の統合失調症を持つ母の症状が遺伝したのか?? 悩み続けるが、 妻の理解を受けられず、 仕事を解雇されても、尚、シェルターを掘り続ける。

ジェフ・ニコルズにとって本作は長編二作目。

41 28