救急車 サイレン 鳴らさ ない。 救急車「サイレン鳴らさず来て」OK? 「近所迷惑」「目立ちたくない」とき どうすれば (2019年12月14日)

特殊なサイレンは、近隣の住宅や病院の入院患者などに配慮して使用されます 確認し近くまで行くとサイレンは停止する事が出来ます
救急車や消防車に代表される車は 通称・緊急車両と呼ばれます ただ、家の中で待っている場合はサイレンが聞こえないと救急車の到着が分かりません
救急車のサイレンを鳴らさないできてもらうことはできる? もし自分が救急車を呼ぶことになったら、サイレンを鳴らさないで来てもらうことはできるのか?と思うことはありませんか? これは法律にもより緊急性を表すことから、サイレンを鳴らさないで行くことは、出来ないとされています そうなれば警察官とかが事故を起こす(巻き込まれる)可能性も低くなるわけで、だからパトカーは普段でも好んで赤色灯だけを点けるのではないでしょうか
特殊なサイレンが使用されるのは、住宅街や病院の入院患者などに配慮して使用されると決められています サイレンを鳴らすときは緊急時のみとさており、必ず赤色灯とセットすることが義務づけられています
道路運送車両の保安基準の細目を定める告示で 「車両の前方20メートルの位置で90デシベル以上120デシベル以下」と基準が提示されています 救急安心センターは、救急車の適正利用を促す目的で国が全国展開を推進しているものですが、総務省消防庁によると、隠れた重傷者を発見し、手遅れにならないよう救急搬送につなげることも重要な役割だといいます
そのうえで「救急車はタクシーではありません」「本当に緊急性のある人のためにあります」としています サイレンを鳴らさずに来てもらうことは可能なのでしょうか
サイレンを鳴らさずに来てほしいというのは、タクシー代わりに利用したいと同じ意味です 救急車を呼ぶ際、「近所迷惑になる」や「目立ちたくない」と行った理由で、「サイレンを鳴らさないでほしい」という要望が少なくないようです
47
近所迷惑になるから通報がためらわれる…そんなときは? 通報時に「サイレンを鳴らさないで来てほしい」との要望は少なくないようで、多くの消防当局のウェブサイトにおいて、それが不可である旨が説明されています。 救急車や消防車…緊急車両によって違うサイレンの音 [災害の種類により異なる消防車のサイレン] 「ウー カンカンカン」 と消防車は、火災現場に急行する際には「ウー」といった音ににプラスし「カンカンカン」といった鐘の音を鳴らします。 なぜ鳴らさない時がある? サイレンを鳴らさないで走っている救急車は患者を搬送した帰りや、訓練、車両整備のための移動などがあります。 救急安心センターは、救急車の適正利用を促す目的で国が全国展開を推進しているものですが、総務省消防庁によると、隠れた重傷者を発見し、手遅れにならないよう救急搬送につなげることも重要な役割だといいます。 一人一人がこうした知識があると、一刻を争う場合の緊急搬送も円滑にできるのですが、なかなか難しいのが現状のようです。 救急車がサイレンを鳴らさないのは法令違反? 救急車、消防車は道路交通法、道路交通法施行令、道路運送車両法により次の5つの要件を満たすものと定義付けられています。 救急車が赤信号を進み、ほかの車両を追い越して現場に急行するのも、この要件を満たしてこそ可能。 でも音はしてませんでした、やっぱり注意喚起なんでしょうね。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
78