聴覚 情報 処理 障害。 人の話を聴き取れない、理解できない聴覚情報処理障害は何科で診断できる? / タイプ別診断チェックリスト(ADHD, 自閉症スペクトラム障害, 容量性注意障害)

:の機能低下が、聴覚情報処理機能の低下を引き起こす。

このサイトが悩んでいる多くのAPDの人たちの手助けになればとてもうれしく思います。

>もはや文字にしないと分からない 左脳偏重教育によって、本能機能・感覚機能と繋がらない文字脳・観念脳が増えている。

自分がAPDであることを認識してもらい、うまく社会で生きていってもらえるように、このサイトを立ち上げました。

友人からの思いがけない言葉が、きっかけでした。

・一般的な難聴なら、聴力検査で異常が見つかります。

2021年、のグループが日本国内初となる大規模調査を実施する。

普段から様々な本を読むのが日課になっています。

ちなみに、は口下手ではありません。

当時、聴覚情報処理障害の症状を知らなかった笑歩さんは、うまく聞き取れないことを友人に説明してもわかってもらえず、戸惑ったといいます。

・脳になんらかの損傷が生じ、言葉の聞き取りに障害が出ることがあります。

このようなこともあり、2010年現在、聴覚情報処理障害の更なる分類が試みられている。

近所の耳鼻科など、複数の医療機関をまわって聴力検査を受けましたが、正常だと言われました。

APDへの対処方法としては、大きく4つに分けられており、1 環境調整、2 補聴手段の利用、3 直接的な支援方法、4 心理的な支援 があります。

そして周りの音環境の配慮だけでなく、APDを抱えている方とのやりとりにおいては、話し手は、はっきり、繰り返し話す、目で見て分かるような絵や図を示す、ジェスチャーを使う、などの配慮を行うことも重要です。

75