久しぶり に 英語。 ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

最後に会ったときのことを思い出す 最後に会ったのはいつでしたか? When was the last time we met? ビジネスシーン向けの「ご無沙汰しております」的あいさつ ビジネスシーンをはじめとするフォーマルな場面で「お久しぶり」と伝える場合、字句を費やしてちゃんとした英文で表現しましょう。

もちろん、その後に詳細の「how many years has it been? 書類がお手元に届いたら、送っていただけますか? さらに丁寧な印象にする場合は、「~していただけると助かる」という表現があります。

「長い間会ってない」という意味で、Long time no talk. (私は、しばらくの間、車を運転していません) この英文も「久しぶり」という言葉はありませんが、「しばらく運転していない」という言葉から、「久しぶりに運転する」というニュアンスを出すことができます。

英語だと敬語がないと言いますが、日本程ではなくとも場面や相手によって多少の言葉選びが必要となってきます。

が不自然かと言われればそうでもないようにも感じます。

「It really is!」は「ほんとに(久しぶり)!」と相手の言ったことを肯定する表現です。

わー!本当にすごく久しぶり。

最後に会った時点から現在までの期間に焦点を当て、現在完了の文にするところがポイントです。

もちろん間違いではないのですが、ネイティブが好んで使う表現は他にもたくさんあります。

)」なども同様に丁寧な表現として使えるフレーズです。

現在完了を使った定番表現 お久しぶりです。

14

」(お元気ですか?)ですよね。

しばらく会っていなかった友達や仕事相手と再会したとき、どのように英語で挨拶しますか? Long time no see! なので、このフレーズを直訳すると「最近は何をして過ごしていたの?」となります。

上記の「久しぶり」英会話フレーズは、そのまま使えます。

I came here for the first time in about 2 years. 」は、直訳すると「そろそろ旅行してもいい頃だ」です。

その変化に言及するときに使えるフレーズを見ていきましょう。

56