星 の 王子 様 名言。 サン・テグジュペリ名言まとめ(日本語、英語)

子どもたちだけが、窓ガラスに顔をおしつけているのです。

地理学者に勧められてやってきた地球に着いた王子は、自分が残してきたバラと同じ花が、地球のそこら中に咲いていることを知り。

かんじんなことは、目に見えないんだよ」というセリフです。

しかも、人間の絶対数が増えれば増えるほど孤独感は増していく。

作者・サン=テグジュペリってどんな人? 『星の王子さま』の作者であるサン=テグジュペリとはどんな人なのでしょうか? 彼はフランス人の貴族の子弟として1900年に誕生します。

彼と自分の考え方が違うことを告げると、王子さまは旅を続けます。

「judge」は、「判断する、評価する、裁く」という意味の動詞です。

そして実は、それらは私自身にも潜んでいる姿でもあることに気づかされ、はっとさせられる。

星も見たこともなかった。

そうして、節約しても節約してもまた時間が足りなくなっていく。

64 81

おとなには価値があるものしか理解できない。

サン=テグジュペリの名言 あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思ってるのはね、そのバラの花のために、ひまつぶししたからだよ。

そんなことを、王子様は私たちに伝えて、もといた星に帰って行った。

声は、こういっていました。

語り手である飛行機乗りの「ぼく」が 砂漠のど真ん中に不時着し そこで見知らぬ少年に出会うシーンを まずは抜き出してみましょう。

その一つの星のなかで笑うんだ。

Of course, an ordinary passerby would think my rose looked just like you. サン=テグジュペリの名言 自分の内側を見てみても、ぼくは自分以外のものと出会ったことがない。

本当に大切なものは、自分の心が決めるということなのでしょうか。

斜線青字部分は引用です。

46