Zoom ブレーク アウト ルーム。 Zoomのブレイクアウトルーム機能!ホストに音声は聞こえる?見える?

ブレイクアウトルーム内でのチャットはその部屋のメンバーだけ限定で送信することができます• ウェビナーにおけるブレイクアウトルームとは オンラインセミナーで時々使われる「ブレイクアウトルーム」とは、 グループ分けができる機能のことをいいます。

割り当てができたら「すべてのセッションを開始」をクリック 有効活用したい便利なオプション機能 タイマー機能 タイマー機能を設定することで、グループワークの時間を指定し、参加者の画面にカウントダウンタイマーを表示させることができます。

メンバー同士を交換する ブレイクアウトルームの詳細設定 「オプション」をクリックすると、詳細設定をすることができます。

<ブレイクアウトルームは次の時間後に自動的に閉じます。

ただし、ブレイクアウトルームを利用するには、参加者の Zoom ログイン時メールアドレスが必要になるため、事前に確認する必要があります。

リスト下部「すべてのセッションを開始」を押下すると、各セッションが開始されます。

20名の参加者を4名ずつに分けて、5グループ作成する例で見ていきましょう。

Zoomでは単なるビデオ通話だけでなく、チャットやホワイトボードなど様々な機能を組み合わせて円滑に会議を行うことができます。

遅れてきたメンバーがいる場合なども ホストがルームを割り当てることができますね。

ブレイクアウトルームの設定方法 このような設定を行った上でミーティングを開催すると、画面下のアイコンにブレイクアウトルームが表示されていることが確認できます。

70

オプション機能と組み合わせることで、より便利にブレイクアウトルーム機能を活用できる ブレイクアウトルーム機能はZoomならではの特徴的な機能の1つです。

個別ルームの参加者へ残り時間のカウントダウンを表示したり、終了のタイミングで延長・終了を選択したりすることができます。

ここにチェックを入れていると、時間が終了した際に「今すぐ閉じる」か「ブレイクアウトルームの公開を維持」という選択肢が現れます。

この場合は、参加者全員がミーティングに参加した状態で「再作成」をクリックし、「事前に割り当てられているルームに復元」をクリックすると、 無事、割り当てることができます。

ブレイクアウトルームを開始するには? ブレイクアウトルームは、Zoomのホストだけが扱える機能です。

以下、「ルーム」で統一します)の数を選択します ・自動で割り当てる:参加者をランダムでルームに割り当てる ・手動で割り当てる:1人ずつルームに割り当てる ・参加者によるルーム選択を許可:ホストや共同ホストにならなくても、参加者が自分でルームの行き来をできる権利を与えるかどうかを選択。

部屋を選択し、メンバーの移動を完了させる ブレイクアウトルームのメンバー交換 ブレイクアウトルームのメンバーを交換したいときは、以下の手順で設定してくださいね。

1