生理 量 が 多い。 生理の出血量が多い…寝る時も漏れが心配…原因や対策、病気の可能性は?

漢方に詳しい薬剤師(登録販売者)に相談できる「2分でできる漢方相談」もご提供しています。

生理の量が多いを中医学的に考えると… 衝任虚寒 月経周期が長い、経血が淡暗色や黒豆汁の様であったり血の塊が混じる、 月経時に下腹部が冷えて痛い、温めたり押さえると楽になる、 元気がない、顔色が青白い、冷え、うすいおりもの、不妊…などを伴いやすい これは生理機能をつかさどる「腎」の、 全身を温めて巡りを良くする陽気が失われることによりバランスが崩れ身体の中に寒を生じます。

リアルとオンラインで実施可能。

その6.子宮に突起物ができる「子宮内膜ポリープ」 子宮に突起物ができることで、経血の進路が妨害されるため経血が一度に排出されることで、経血量が増えます。

その6.サプリメントを上手に取り入れてホルモンバランスを整える 食生活を見直しても、まだ足りない栄養素などがあります。

生理の経血量が増えるのには、どういった原因が隠されているのでしょうか。

子宮筋腫の場合、 もし 過多月経だけでなく、 生理痛が強い、 不正出血がある、検査で筋腫が大きくなって きて いるなどであれば、薬剤による治療や手術が行われます。

百貨店やWEBで販売中。

3

しかし同時に、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜増殖症、悪性腫瘍のリスクも高まります。

よく睡眠不足を解消するため、休日に寝だめをするという人がいますが睡眠は寝だめができません。

ちなみに、取り替えるのが面倒だからと、経血の少ない日に多い日の昼用をずーっとつけているというのは考えもの。

では、経血量が増えた時は、どういった対処をすればいいのでしょうか。

ちなみに、「月経血の量が多い」という状態は、専門用語では「過多月経」といいます。

また、子宮がんの場合は最初から手術が検討されることが一般的ですが、手術の方法によっては妊娠するための機能が失われる可能性があるため、妊娠を希望する場合は事前に医師と相談する必要があります。

35