猫 ワクチン 種類。 猫のワクチンの種類一覧!室内猫は3種混合が一般的です

生後2〜3ヶ月で1回目のワクチン接種を行い、1回目のワクチンから3週間以上空けて2回目のワクチンを打ちます。

また、完全室内飼育の猫であれば野良猫との接触もなく、、への感染可能性は低いからです。

ただ、猫自身は外に出ないけれど、他の野良猫が出入りすることがある場合等は、感染のリスクを考慮しなければなりません。

ワクチンはあくまで予防なので、ワクチンが原因で調子を崩すことがないよう、 必ず体調が万全な時にワクチン接種するようにしてくさい。

ワクチン接種後に万が一副作用が起きた時のために、できるだけ午後診療のある日の午前中、翌日の診療もある曜日を選んで予約すると安心です。

犬の場合、狂犬病予防法で義務づけられているため、狂犬病ワクチンを接種しなければなりません。

世界的な小動物のワクチネーションプログラムに関するガイドラインによると、混合ワクチンのうちコアワクチンについては3年に1回の接種を、ノンコアワクチンについては1年に1回の接種が推奨されています。

旅行に行かない、外泊しないと考えていても、突然飼い主さんが入院してしまったり、お仕事で出張が決まってしまったりする可能性もあります。

他にも不意をつかれて脱走されてしまったり、地震などの災害が起こって外に逃げてしまったり、災害時にシェルターのような所でしばらく預かってもらわなければいけない可能性もあるため、日頃から適切なワクチン接種をして免疫力を維持することが重要です。

58 63
接種から10分程度で、呼吸困難や痙攣などの症状が現れます。 ワクチンを接種することで、猫の体内にそれらウイルスに対する抗体を作れば、猫の免疫力が低下した時も抗体がウイルスの増殖を防いでくれます。 狂犬病ワクチン:日本では猫の摂取義務はありませんので、主に海外へ移動するときに必要になります。 ワクチンは猫風邪を始めとする多くの感染症を予防することが出来、結果として寿命を延ばすことに繋がります。 猫同士の接触でよく感染しますが、時に人にも感染します。
84