紅 ほっぺ 産地。 キラキラ輝くイチゴ「きらぴ香」が誕生です

食べてみると強い甘味と共に程よく酸味もあり、イチゴらしい風味が強く感じられる美味しさでした。

静岡を代表する甘酸しっかりコクのある味わいを楽しめる『紅ほっぺ』 味わってみては。

育成の過程は下記のとおりです。

しかし、実際の栽培においては雌しべの先端部が未熟なまま開花するため 、均一な成長が行われるために花芽形成期の施肥と温度管理が行われる。

果肉はやや硬めで「 」程度とされ、中も鮮紅色で果心まで淡赤色を帯びるのが特徴です。

夏秋取り栽培の場合は、遮光栽培も行われる。

869-879, :• ダイアモンドベリー 2002年 福岡の生産者による、「さがほのか」と「久留米54号」の交配により育成。

・レビューを投稿される前にを必ずお読み下さい。

1994(平成6)年5月 得られた種を撒き、9月に発芽した実生苗の中から生育旺盛なもの308個体を定植。

「章姫」は、静岡県の主力品種でしたが、2002年の「紅ほっぺ」の登場で生産量No. 栽培する場所によっても甘さが全然違ったりするんですよね。

1月頃以降が本格的な収穫期になるので、クリスマスシーズンはサイズにばらつきが出やすいのですが、春の観光シーズンが収穫のピークなので一番美味しいままいただける、いちご狩りでも人気です。 いちごが一番甘い部分はさきっぽの部分なんです。 2.代金引換便 お支払い代金は商品到着時、ドライバーにお支払い頂きます。 品種名 紅ほっぺ 品種登録 2002年 育成場所 静岡県 系統 「章姫(あきひめ)」「さちのか」 『紅ほっぺ』の産地はどこ? 『紅ほっぺ』の主な産地は、生まれ故郷の 静岡県が中心。 5ヘクタール 栽培農家数:29戸• [成果の内容・特徴]• ここでは、1番花が咲き始めたら一切の農薬を使わんとたい。 「アスカルビー」「古都華」などのブランド品種がある。 和歌山県• また、新しい苗を毎年植え替えなければならない。 紅ほっぺ 伊豆のいちご栽培は大正年間に試作されたものがその始まりとされ、昭和になって三島市で水田裏作の露地栽培に成功しています。 徳島県 - の「ももいちご」「さくらももいちご」が知られる。 それがいちごの難しさだったりします。
77