こちら も 抜か ねば 無作法 という もの お 労 し や 兄 上。 赤穂事件

63
14日夜、内匠頭の正室のは剃髪し、名を瑤泉院と改め、翌明け方に実家の三次藩主に引き取られた。 つまりまかり間違えば若狭之助が師直に斬りつけ、その結果若狭之助が切腹、桃井家はお取り潰しになっていたということである。 存命中治め方運び方という。 遠慮気兼は要らん。 覚悟はよいか」と立ちかかると、ちょうど表にはを吹くが来て、「鶴の巣籠り」の曲を奏でている。 私は、はてしのない壮麗な妄想を、ほとんど価値のない現実と取り換えることを求められた。
20