納税 証明 書 交付 請求 書 書き方。 [手続名]平成28年1月から、納税証明書交付請求時の本人確認書類が変わります|国税庁

委任状• 別途証明書の交付を申請する必要はありません ・海技免状• なお、書留郵便等での受領をご希望の方は、通常の郵便料金に書留郵便料金又は簡易書留郵便料金を加算した合計金額に相当する切手が必要です
3 窓口で納税証明書を請求する際に必要なもの 府税事務所で納税証明書を請求するために来所される際には、次のものをご持参ください (2)交付を受けられる場所 各府税事務所、自動車税管理事務所、各振興局税務課・府税出張所・地域総務防災課 (注1)詳しくはをご覧ください
発行日から概ね5ヵ月以内のものをご使用ください 都税の証明書等を郵送にてご申請される場合は、以下の宛先にお送りください
この納税証明書の交付請求手続については、最寄りの交付窓口にあらかじめお問い合わせください 固定資産に関する証明書・閲覧• 提出を求められたのが何に関する証明なのか、提出先に今一度お確かめください
) 自動車税等を納付した日から相応の日数を経過していない場合は、自動車税納付確認システムで納付を確認できない場合がありますので、自動車税種別割納税証明書を提示してください 単なる納付確認は使用目的に該当しないため交付できません
45
エ 納税証明書は、納税者の大切な情報を証明するものですから、窓口にお越しになった方の本人確認等を厳格にさせていただいております 2と3の受取方法では、電子委任状 証明用 を添付することで代理人が受け取ることも可能です
・ ・ (2)交付手数料 大阪府証紙及び収入印紙は 使用できません) 証明事項1件につき400円の交付手数料 現金又は定額小為替)が必要です ご本人の番号確認書類(上記「1 税務署窓口でご提示いただく本人確認書類及び番号確認書類」(2)を参照)の写し• 納税証明書の取得とは、確定申告書等を提出した場合の納税額、所得金額又は未納の税額がないことの証明書を交付請求する場合の手続を言います
ご注意ください• 1 納税証明書の請求窓口について ・府税の納税証明書は、大阪府内10ヵ所のいずれの府税事務所でも交付を受けることができます 代理人が交付請求する場合 法人税の納税証明書は基本的には本人が請求しなければ受け取ることが出来ません
「納税証明書を請求される方へ」というタイトルのPDFファイルには、 以下のような項目が準備されています 市町村役場で発行できる納税証明書 毎年収入の見直しが入り、課税される地方税をしっかり納付しているという証明書をもらうことが出来ます
・国民年金手帳• 収入印紙は郵便局等の窓口にいき、何に使用したいか伝えるとしっかり説明してくれます ) 以上が所得証明書の簡単な説明になります
・共済組合員証• ・都税事務所の窓口で申請する場合は、 必要書類は原則として原本の提示が必要 です さらに確定申告で所得税を納めたことを証明できる証明書も発行することが可能です
委任状に決まった書式はありませんが、インターネットからダウンロードすることが出来ます 代理人が所得証明書を取得する場合、個人・法人に関係なく必ず「委任状の添付」が必要になります
必要事項を記載した納税証明書交付請求書• 委任状が無ければ所得証明書は申請することが出来ません 個人の納税証明書は公の機関からの援助や扶助を受ける際に要求されることがあります
e-taxを通じて、申請します 自動車の継続検査(車検)・構造等変更検査で自動車検査証の返付を受けようとする際必要となる納税証明書です
27