空冷 ヒートポンプ チラー。 チラーと冷凍機の違いとは?|チラー(冷却水循環装置)のことならAMU冷熱

44
空冷チラーは、機械の冷却や冷房のための冷水を作るための装置と理解していますが、 チラーでつくられた冷水とは、家庭用ルームエアコンに例えると、 冷媒管の中の冷媒に相当するものなのでしょうか? また、もしそうだとすると、家庭用ルームエアコンの冷媒は 取り替えたりすることが、ほとんどありませんが、 空冷チラーの水(家庭用ルームエアコンの冷媒に相当)は なぜ、チラーによって常時つくられ続けなければいけないのでしょうか? 家庭用ルームエアコンの冷媒と同様に、 チラーでつくられた冷水をずっと使い続けることが出来なないのは どうしてでしょうか? どなたか教えて頂きたくお願いします。 あまりに冷却しすぎてしまうと、循環液が凍ってしまう恐れがありますので、あくまでも冷たい液体が作れるくらいに冷やせれば良いのです。 。 原理だけを見ればどちらも同じものと考えることができますが、厳密には違う機械です。 仕組みや原理を理解した上で、空冷式チラーの導入を検討しましょう。 エアコンは冷媒を圧縮 高温高圧にする 、凝縮 中温高圧にする 、膨張 低温低圧にする 、蒸発 中温低圧にする させることで冷房や暖房をしています。 電気式が一般的なのでヒートポンプというと、電気ヒートポンプ EHP を指すことが多く、ガス式を利用する場合はガスヒートポンプ GHP と区別して呼ばれる。 凝縮器はエアコンを構成する部材で、冷媒の熱交換を行う部分です。 空冷式チラーの場合、文字通り空気を使って冷やします。 ではチラーと冷凍機にはどんな違いがあるのでしょうか?ここでは両者の違いについて解説していきます。

吸収式冷凍機は大型現場でもないと目にする機器ではないので、新入社員研修では身近にある圧縮式冷凍機と冷媒配管についてしっかり理解を深めさせてから、空冷式と水冷式の違いについて学ばせ、その後に吸収式冷凍機について知るほうが混乱が少ないのではと現在は考えている。

チラーは、液体が気体になる時に周囲から熱を奪う 気化熱を利用し冷却を行っている。

空冷式のヒートポンプを使ったチラーと言うことでしょう。

空気側熱交換器が蒸発器となり冷媒サイクルのバランスを取りながら、冷温水を同時に供給します。

参考予定>>チラー 冷水 回路と冷却塔 冷却水 回路、密閉回路と開放回路、冷却回路の冬季運転 デフロストやブライン 圧縮式冷温水機 ヒートポンプ 圧縮式は以下を繰り返すサイクルである。

44