Ana 機内 食 販売。 ANAの機内食がおいしい。通販で取り寄せした感想を写真でレポート

(成田空港近く【】) またJALと言えば、ビーフコンソメやファーストクラスで注文できる「うどんですかい」などがあります。 機内食は 1セット12食で税込み9,000円(1食750円)です。 賞味期限が差し迫ったエコノミークラスの主菜(メインディッシュ)を12食入り7200円(1食あたり600円)で売り出した3種類のパッケージ(「和食」「洋食」「お子様向け」)には、それぞれに3種類のメニューが4食ずつ入っており、飽きることなく楽しめる内容だ。 次はいつ? ANA機内食の販売スケジュール ANA機内食セット「ANA国際線エコノミークラス機内食 メインディッシュ」の 次の販売は5月27日(木)です。 賞味期限が過ぎてしまえば当然廃棄しなければならなくなるが、今回のように冷凍という形で機内で提供している機内食をそのまま通信販売できる仕組みを構築したことで、通常価格で販売する機内食と価格を下げて販売する賞味期限が近い機内食に分けて販売することで、フードロスを無くし、更に人気機内食は通信販売用に多く製造することで新たな収益を生み出すことができることになる。 じゅわ~と肉汁が出てくるハンバーグは、ジューシーでボリュームたっぷり! フライドポテト、にんじんのグラッセ、さやいんげんが添えられています。
26 33 9