コスメ ストア。 @cosme STORE TSUTAYA 札幌美しが丘店のお店情報

細かな業務改善も自主的に実施されていて本社に上がってこないので、正直、どのぐらいの改善が現場で起こっているのかはよく分かりません(笑) 今は店舗が増えてきたので難しくなりつつありますが、昔は週に1、2回は店舗に行って2時間ぐらい店長と話していました
例えばアットコスメストアは化粧品を試しやすいよう、店内にコットンや水栓を設置しました 遠藤社長:はい
アットコスメストアの運営が興味深かったです 多くのロイヤルカスタマーに支えられた結果、営業利益率は業界平均の約3倍、日本最大のドラッグストアであるマツモトキヨシと比較しても約1. 美容液・オイル 3,960円 (税込) まっさらな素肌へ、美を起動させる一滴
これまでの化粧品小売業界は、メーカーと小売の都合で店作りをしてきました 例えば、昔、入り口に壁がついている店を作ったことがありました
自分たちの売り方が業界の普通になったら嬉しいですね 同じことを何度も言い続けることで、「ルール」ではなく「文化」を作る 筆者:お話を伺っていると、遠藤社長の思いや会社の理念が現場スタッフにまでしっかりと浸透し、実践されていることが伝わってくるのですが、そのような組織を作るためのコツはあるのでしょうか
美しい連動 戦略とは 「何をやらないか」 を決めることです そういったお客さんの期待にできるだけ応えよう、ということをオープン時から自然とやってきた結果、今に至っています
お客さまから頂いたコメントやスタッフのアイディアを書き留めておくノートが各店に置いてあり、そこから施策案が生まれてきます 在庫確認しますか?」 と接客し、必要に応じて在庫の問い合わせまでしてくれるとのこと
三重県 0 関西• また、ウェブサイト上では提供できないリアル店舗独自の価値として、「実際に試せる」ことを重視しており、店内にある商品のほとんどにテスターが用意され、顧客が自由に使用感を確かめることができる 遠藤社長インタビュー 「お客さんの期待に応えること」を自然とやっているだけ 筆者:アットコスメストアでは1本1万円もするような高額商品であってもテスターが置いてあり、顧客がセルフサービスで自由に試せるようになっています
「アットコスメストアに来れば化粧品のことは何でも分かる」と思ってもらえれば、お客さんはまた来てくれる 【配送業者】 ゆうパックでお届けします
なので、「少しでも可能性があるんだったら一旦やってみよう」と現場の背中を押してあげることが本部の役割だと思っています。 高知県 0 九州・沖縄• 執筆者:肥後 真 株式会社ビービット コンサルタント. 仮に施策がうまくいかなくても、その理由を自ら突き詰めて説明してくれるので、あえてきちんと検証する必要はないと感じています。 業界常識を覆すサービスで来店客数日本一を達成 従来の化粧品販売店の常識を破るアットコスメストアは、業績面でも極めて好調で、毎年増収・増益を重ね、直近では売上高47億円(2016年6月期決算)に成長している。 [戦略的な KPI 1] 客単価を上げることは推奨しない 売上は、「客数」 と 「客単価」 に分解できます。 顧客にとって行きたいと思えない店になるわけです。 しかも、お客さんの立場からしてみれば、せっかく店頭にいて目の前に実物の商品があるんだから、クチコミを見るよりも実物を試せることの方が価値がある。 新しい取り組みを行うとき、時代の二歩ぐらい先に行くと先過ぎるんですね。
93

これ以外にも、店頭で販売していない商品は近隣の取扱い店舗を紹介し、必要であれば在庫の問い合わせまで実施、一般的には購入のおまけとして配布される化粧品サンプルを購入するかどうかを悩む顧客に積極的に渡すなど、従来の化粧品業界の常識にとらわれず、化粧品の検討・購入に関して顧客の目線に立った数々のサービスを提供している。

遠藤社長:明確なルールを決めるよりも文化を作っていこうとしています。

ビジョンとミッションに沿って店舗運営がされ、正しい方向で行われているかを評価するための KPI には、店のコンセプトに矛盾しない整合性があるわけです。

今この場で買ってくれることよりも、この先何度も来てくれることが重要なのです。

自分たちの売り方が業界の普通になったら嬉しいですね。

これ以外にも、店頭で販売していない商品は近隣の取扱い店舗を紹介し、必要であれば在庫の問い合わせまで実施、一般的には購入のおまけとして配布される化粧品サンプルを購入するかどうかを悩む顧客に積極的に渡すなど、従来の化粧品業界の常識にとらわれず、化粧品の検討・購入に関して顧客の目線に立った数々のサービスを提供している。

31