君 が 仮に どんな 恋 を 重ね て さ。 君 が 仮に どんな 恋 を

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 朝目だまあけたらノビひとつ いつもの人生けっこう目玉を 慣れてるだろうそんなとこ どんなときも歩くのさ 浮世の風に吹きさらされ 時が過ぎれば誰もが大人に 誰か俺のこと救ってくれると 啣え煙草部屋に帰れば傷跡 赤き空よ!この空の下 秋の風が街を覆いだすと 悪魔メフィストフェレスどっかに 夜になったらもう 何もない俺の心そのまま 明日を行け心奮い立たせろ 突っ走るぜ明日も 感じる戸惑いためらいそして 穴があったら入いりたい 古い美術館に眠る大切な宝物 もしもわたしの運命とあなたの 風が春を街に運ぶその瞬間 甘い夢さえも男には何よりも 夢も希望もまどろんでる 雨の日に僕は道に迷ってる 雨の日も風の日も晴れの日も 満ち足りているのかい 父をこえたいココロ母をもとむる ああ輝く光あれは夢か幻か ある日神を思ったぼくは神を だから今日はもういいや考えない いつか見た夢を正夢にしよう 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し いつもの顔でおはよう 友と会えばいつもの調子 決めてくれ決めてえよ男なら 寂しがりや今日もメソメソしてる 今日という日は昨日の続きで 平家の序文ぢゃないけれど イージー真夏の雲 そうさ俺にはやることがある Wake Up Wake Up Wake Up 天気は上々散歩にと上野の山を 適応しきってぬるま湯 ああぷかりたばこをくゆらす男が 眠れぬ夜いつもあしたこそ ベランダに飛んでくる雀のその 帰り着いたら寝転んで終わり お陽さまよなぜキミは昇る 愛しい人涙落ちて目の前が ココロに花をもどかしき今日の 2100年宇宙旅行空気清澄 耳慣れたことばかりだぜ ああ男よ行け男よ勝てさぁ男よ おはようこんにちはさようなら 涙がこぼれ落ちた俺は 今夜ここでお前と夢の話しよう お前の夢を見たひまなる毎日 今日も誰か溜息をついた 雨上がりの町を寝静まった さあがんばろうぜオマエは 心につもった日々の後悔が でかいかたまりココロを乱し 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 満たされないまま引きずり オレは今日をゆく オマエに昨日の夜中話したことは 長い春のかくれんぼ かけだす俺の向こうには 窓辺に置いた椅子にもたれ いつか通ったとおりを辿り来た 時の流れに身を委ね 輝く太陽はオレのもので 悲しみの果てに何があるか 自由なんて瞬間なんだ感じる 金でもないかと下みてあるく 彼女は買い物の帰り道 いつの間にか私は歳を重ねて お前正直な話率直に言って もう二度と泣かなくていいように 雨の中俺は遠くへ出かけよう どこまでゆけば俺は辿りつける 我らは心安らかに歩みて 町は変わるけどココロは ヨロレインヨロレイン泣かない鳥 世の中にあるもの全てが 暮れゆく夕べの空子供達が ああ俺には何か足りないと good-bye-mama もう僕はもう 朝までオレマシュマロ 俺が悪いのか悪いのか 怠けてるふりで知らぬ顔 こうして部屋で寝転んでるとまるで どこか遠くまで出かけてこうぜ. 歌詞の主人公には、お互いに想い合う大切な相手がいるのでしょうか。 。 どちらも決して切り離すことはできず、表裏一体であるといえるでしょう。 恋が生む、ポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギー。 まるで聴き手の生活に違和感なくリンクしていくような、素朴な表現の美しさが存分に味わえる一節ですね。
82
くだらないことで笑って何気ない会話で泣いて ひとつひとつの出来事に 栞を挟んで 忘れないように 無くさないように アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もないけど 君のこと離したくないんだ 君が仮にどんな恋を重ねてさ、どんな人と笑い合ったか 1人で考えて 勝手にへこんで 眠れない夜を過ごしてさ 仮に雨が降って びしょ濡れになっても ぼくが迎えに行くから 笑って泣いて見つめ合って 抱きしめ合って愛し合って ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もないけど 君のこと守りたいんだ アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もないけど 君のこと ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もなにもない だけど君を守りたいんだ. その言葉は「君」を想う気持ちがどれだけ深いものか、どれだけ強いものかを証明しています。 そんな優しくも力強い言葉の根底にあるのは「君」のことを「離したくない」という気持ちです。 「くだらないこと」や「何気ない会話」の数々で彩られていく毎日が語られます。 「お金」「地位」「名誉」といったものは持っていないけれど「君」を想う気持ちだけは、誰よりもたくさん持っていることを自信たっぷりに伝えています。 また、動画のアップロードは2年前でありながら、ここ最近に投稿されたコメントが多くを占めているのも注目ポイント。 「君」の全てを抱きしめていたいと願う強い気持ちが、裏返しとなって余計な詮索に繋がってしまいます。
10