イージー リスニング。 ムード・ミュージックの楽しみ( イージーリスニング、ムード音楽の専門サイト)

実際にはクラシック&ジャズですけれども、示唆深いなと感じました。
イージーリスニング いちむじん 1,498円 1,298円• 7位 イージーリスニング 2,916円 148円• 『エデンの東』『慕情』『黄金の腕』『第三の男』『誇り高き男』 『ジャイアンツ』等々、映画音楽の主題曲が欧米の楽団演奏によって紹介されていました。 かなり褒めています。 これは、全国のCDショップにて、お求めになれる オーディオパークより発売の音楽CD 『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編(APCD-7001) から、 オリジナル・サウンドトラックを収録の映画『世界の七不思議』を中心に、 その映画で使われた音楽のことや、 シネラマ映画自体についてのこと等を書かせていただきました。 日曜洋画劇場の元エンディング・テーマに使われていた モートン・グールド楽団演じる「ソー・イン・ラヴ So in Love 」を 収録させていただいた『レコードのムード』 EH-100、EH-5000、EH-5001 は おかげさまで完売いたしました。 管楽器とヒトの雑誌『パイパーズ』 2000年12月号にて 当ホームページが掲載されております。 この度、オーディオパークにて、EH-5001 を再パッケージして 2013年2月に発売させていただきました。 ムード・ミュージックの楽しみ ~心の仮想空間~ ムード・ミュージックは、バラエティーに富んだ バックグラウンド・ミュージックとして、まるで部屋の 壁紙のように、素敵な空間の演出をしてくれます。
5
(written 2020. それで思い出しましたが、こないだ一月末にリリースされた森保まどか(HKT48)の『私の中の私』 そう考えると一流の音楽はこれすべて一流の BGM、イージー・リスニングになりうるんだとも言えますね
2位 イージーリスニング 2,592円 148円• 脚注 [ ]. アナログ・レコードの音で楽しむ、心の仮想空間・・・ デジャビュを呼ぶ、謎のコンピレーション・アルバム 『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編 APCD-7001 税込定価:2310円 前回の EH-5000 、または『モートン・グールド・レコード・コンサート』、 『カーテン・タイム』So in Love/究極のアルバム VMDT-229 とも、 違う音質のもので、どれをお求めいただいても、 お楽しみになれるように企画させていただいております こっちは具体例を出しますがマイルズ・デイヴィスの『マイルズ・アヘッド』(1957)や『カインド・オヴ・ブルー』(59)などがそうですよ
このホームページを含む、開設していたショップ・ページやブログなど、 全てのサーバーおよびシステムを廃止や変更しましたので その都合により、少しずつですが作り直しをしています(笑) 既にブログ を開設し、ショップ・ページの代わりになるものですが も開設させていただきました 『カーテン・タイム』So in Love /究極のアルバム 品番:VMDT-229(税込定価:1500円) 演奏:モートン・グールドのピアノと彼の楽団 情熱と愛情、そしてモートン・グールド氏への 尊敬を込めて、最高のマスターに仕上げた 復刻CDです
なにかをしているとき背景で流れていて聴いていてジャマにならない、心地いいというのはすぐれた音楽である証拠です みんな対峙して聴きますよね
アメリカン・ポピュラーの基礎時代における ムード・ミュージックを知るきっかけ(機会)と、 聴く楽しみの共有を提供するためのホームページです ムード・ミュージックの楽しみ ~心の仮想空間~ ムード・ミュージックは、バラエティーに富んだ バックグラウンド・ミュージックとして、まるで部屋の 壁紙のように、素敵な空間の演出をしてくれます
そんなことないんですよ イージーリスニング 喜多郎 1,298円 1,100円• (written 2020. 前者はともかく後者をイージー・リスニングと言うと反発くらいそうですけどね
極上のリラクゼーションになるのがイージー・リスニングですからね オーディオパーク製のCDは、全国のCDショップにて お求めいただけます
『』シリーズ• 傑作だと思っていますが、この CD を Music アプリに取り込もうとした際のジャンル名表示が "Easy Listening" になったんです ジャッキー・グリースン のテレビ番組スポンサーが制作した 非売品レコードから、 彼自身が作曲、演奏・指揮 した貴重な音源、 そして モートン・グールド が初めて吹き込んだ自作曲、 日本で発売された彼の初めてのレコード という貴重音源の数々を収録した 特別アルバムを条件付きでプレゼントしております
アルバム [ ]• 『カーテン・タイム』So in Love /究極のアルバム 品番:VMDT-229(税込定価:1500円) 演奏:モートン・グールドのピアノと彼の楽団 情熱と愛情、そしてモートン・グールド氏への 尊敬を込めて、最高のマスターに仕上げた 復刻CDです でもそんな現場で奏でられる音楽でも会場を離れれば TPO 次第で雰囲気重視のイージー・リスニングとしてうまく機能することがあるんですね
12
そして、意識的に鑑賞すると、さまざまな種類の空間を 伴って、ある種の記憶(経験)を聴衆者の心の 何処かに発生させるような不思議な魅力を 持っています 真剣に向き合って聴いてもいいけど、本質的には聴いてなごむような、リラックスできるような心地いい音楽
これを踏まえると、森保まどかの『私の中の私』は、もともとクラシックの名曲だったものをとりあげてピアノで演奏し、それにプログラマーが制作したデジタル・ビートをミックスすることで、クラシック音楽の持つリラクシング性、つまりイージー・リスニング・ミュージックとしての本質とか効用といったものを最大限にまで高めるのに成功しているという、そんなアルバムかもしれないです 一般のCDショップでは販売しておりませんので、以下リストまたは ショップページ(以下メニューKから)を御覧になってください
極上の快感とリラクゼーションをもたらしてくれるシルキー&メロウなムードあふるる傑作のことですからね 実際にはクラシック&ジャズですけれども、示唆深いなと感じました
イージーリスニング アンサンブル・ジャック・アンド・ジルズ 2,298円 1,998円. 逆に言えば BGM にすらならない音楽なんて、心地よくないんだからそっちのほうが音楽としては劣っているかもしれないぞというのがぼくの考えで、どれがそうだなどとは具体的に指摘できませんがけっこうあります しかしそれで反発するかたがたは「イージー・リスニング」などランクが下のものだとみなしているからでしょ
1970年代、、ジョン・デンバー、バリー・マニロウ、ナンシー・ウィルソンなども、イージー・リスニングとしてラジオ・ステーションでオンエアされた どっちにでもできる音楽、たとえばクラシック音楽の演奏会に出かけていってホールの椅子にすわって演奏がはじまっても読書していたりスマホでネットしたりして生演奏を BGM にするようなひとはいないはず
管楽器とヒトの雑誌『パイパーズ』 2000年12月号にて 当ホームページが掲載されております イージーリスニング 葉加瀬太郎 2,498円 1,698円• ぼくのなかではイージー・リスニングとは褒めことばなんですから
それが真実だろうと思います これら映画主題曲、 所謂スクリーン・ミュージック(またはスクリーン・ムード)以外にも、 ローレンス・ウエルク楽団、パーシー・フェイス楽団、マントヴァーニ楽団、 ポール・ウエストン楽団、モートン・グールド楽団、フランク・プゥルセル楽団、 ビリー・ヴォーン楽団、リカルド・サントス楽団などによる 大御所のムード・ミュージックも続々と盛んに紹介されました
そもそもヒップ・ホップ・ビートって、ビートだけ抜き出すとリラクシングなイージー・リスニングじゃないかとぼくは感じていますし、それを活用した近年の現代ジャズなんかもリラックス・ミュージックじゃないですかね 詳しくは、 を 御覧ください
56