松の内 の 意味。 「鏡開き」はいつする?どんな意味がある?

地方によって違いはありますが、門松がある間は「お正月」と思ってよいのでしょう。

もしも遅れてしまった場合は 「寒中見舞い」として出します。

現在では、1月7日までの「小正月」を松の内とするのが関東地方 ちなみに、正月事始めとは正月に向けて準備を始めるという意味です
これには三代将軍家光の命日の関係で鏡開きを早めたため、とか、江戸の町は火災が多かったので燃えやすい飾りを早めに片付けさせるため、などの説があります 関東地方と関西地方で松の内が違う意味は、徳川三代将軍が関係しているようです
現代はクリスマスがあるので、その飾り付けを片付けた後になりがちですが、実は縁起物であるお正月飾りを"飾ってはいけない日"があります」 お正月飾りを飾り始めてはいけない日 12月29日. 松の内が明けると飾りを片付け、鏡開き 松の内が明ける日の7日と15日には松飾りと門松を燃やすどんど焼きという行事があります 葬儀と同じ一夜飾りで縁起が悪く、年神様に失礼にあたるのでNG
正月飾りは「松飾り」とも呼ばれ、それを飾っておく期間という意味で「松の内」と呼ばれるようになりました 九州では、久留米市で開かれる『日本三大火祭』の一つ『鬼夜』や、どんと焼きにあたる『鬼火焚き』の開催にあわせて『一部7日まで』を松の内としている地域があります
ちなみに、松の内の期間は九州の一部の地域では7日までのところがあったり、3日まで、10日までという場所もあります 歳神様は、先祖とも稲作(農作物)の神様とも言われていますが、どちらにしても私達にとってはかけがえのない、大切な神様です
新年を迎えるためのさまざま事柄には、それぞれ意味があったのです そのため、関西では今でも 1月15日に松の内が終了となるのです
私は、小さいころ「早く年賀状出さないと返ってきちゃうよ! この松飾りを立てている期間が「松の内」ということです 「松の内までは新年の挨拶」と言うことから考えれば、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとはっきりしていて、分かりやすくてよいのでは…
また、松の内の期間に関わる• 神社に奉納する 正月飾りの処分の仕方として一般的なのが、神社に奉納する方法です 正月飾りを飾り出し• お正月を楽しむなら知識を深めて人に伝授できるようになりたいですね
これは仏教の行事との関係のようですが、松飾ははずしても、家の中の「正月飾り」ははずさないことも多いのだとか なるべくほかのゴミとは分けて、ゴミ袋に入れるのがよいでしょう
14
松の内の季節は、年末年始の忙しい時期です。 そして、その月命日が20日だったことから「めでたい鏡開きを将軍様の月命日に行うなんてよくないだろう! お正月時期に何気なく見ていた門松や松飾りには、上記のような意味があったのですね。 あとがき 以上、正月飾りを飾っておく松の内の期間についてでした。 なお、鏡開きは松の内が明けてから行われるため、1月7日の場合は1月11日、1月15日なら1月20日にそれぞれ鏡開きが行われます。 ただし、暮れの内に立てた分は勘定されません。 松の内はいつまで?期間の違いに注目 松の内とは、正月の門松を飾る期間のことを指します。 民権は、自分たちの言うことも聞いてくれ、である。 江戸城があった関東地方では 「家光公の月命日におめでたい行事は不謹慎だ!」と考えたようです。
97

著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』 永岡書店 、監修書『おうち歳時記』(朝日新聞出版)ほか多数。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。

もしも年賀状を出すのが遅れそうな場合は、寒中見舞いで対応することができます。

正月行事は、新年を迎えた際に『年神様(としがみさま)』を迎え入れるために行います。

松の内の期間はいつからいつまで? 松の内の始まりは全国的に差がなく、12月13日です。

仏事なども松の内だからと遠慮するかどうかは家族やお寺さんに相談しましょう。

関東の人々は 「歳神様がいるのに鏡開きをするのは良くないのでは?」と考えました。

いつ片付ける? 「松の内(1月7日または15日)の最終日に取り外し、1月15日の"どんと焼き""左義長""歳の神"などの行事(地域によって名称は異なる)で焼きます。

関東の松の内は1月7日までで、関西の松の内は1月15日までとされています。

正月飾りの片付け 等年中行事はたくさんありますので、それらはいつ行うのが良いのか確認し、良い一年を迎えるようにしましょう。

25