コロナ ウイルス 中国 研究 所。 新型コロナ「起源疑惑」の武漢研究所、「手を噛まれた」素手でコウモリを触る映像が4年ぶりに再公開(WoW!Korea)

」 ジョージタウン大学神経学教授で米特殊作戦司令部生物戦担当上級研究員であるジェームズ・ジョルダーノ氏は、中国の生物科学への投資額が急増していることや、遺伝子改変などの先端技術に対する倫理観が緩いこと、中国では政府と学界が統合されていることもあり、中国ではこうしたウイルス兵器化をしている恐れが高まっていることを指摘した。 そしてそこには、2019年秋に研究者の一部が病気になったと信じるに足る理由が米国政府にはあると書かれていました。 強い日差しが病原菌を損傷し、雨や雪がエアロゾール粒子に影響を与えるので、晴れた日や昼間にこのような攻撃をしてはならないという。 WSJによると、今回の研究は、武漢ウイルス研究所から流出したという説を米政府が真剣に調査した初めての取り組みという。 もしそうなら、この研究生がすべての始まりである「感染0号」となる。 ここではウイルス研究は行っていなかった。 コロナウイルスの発生源については、世界保健機関 WHO の調査団が中国で調査した結果 「コウモリから別の生物を介してヒトに感染した可能性が高い」と報告し、中国のキャンペーンもあって自然界での変異説が有力視されてきた。 2018年1月、Biosafety and Health誌のインタビューに対し桂珍 Guizhen Wu 教授は、同研究所が 「BSL-4ウイルスに関する世界的実験」 のために稼働していたと答えた。 バイデン米大統領も26日コロナウイルスの発生源再調査を命じ、90日以内に報告するよう求めた。
53