生 もずく 下 処理。 新鮮!沖縄の生もずく!!下処理☆

自炊旅行で生もずくを見つけた時にはぜひぜひお試しを 沖縄県産生もずく さてこの生もずくをどうやって食べようか、少し悩んだんですけど、長期滞在先では天ぷらができないし、ここは素直に三杯酢で食べることにしました
海でとれたてのもずくをいただいたのですが、下処理の仕方がわかりません… photo by 暮らしにいいこと 一方、塩蔵もずくは 塩着け(塩分約20%~25%)されているので、塩抜きが必要です
なので塩抜きの下処理が必要になります そうなると保存法が気になります
なにより食べたときに、おいしいと感じなければストレスになりますし、豊富な栄養素も身になりません ちなみに市販のもずく酢の 賞味期限は1ヶ月ほどです
表面の塩分だけ急激に抜けたりするからだそうです
21

私個人の意見としては、生のもずくは できれば水でさっと洗って、汚れとぬめりを 軽く落とす程度で食べて欲しいわけです。

「生もずく」は採れたてのモズクを水洗いし、そのままパック詰めしているものになります。

違いは一体なんなのでしょうか?単に鮮度が良い悪いだけの違いではないのです。

水が移動するときに塩も出ていくわけです。

お花見弁当に入れてもいいですね。

なるべく早く冷凍することで、食べるときも美味しいですよ。

これは正しいにおいなんや。

生食用にしていい生牡蠣にはいくつか基準があり、その基準を満たしてる生牡蠣は生食用として出荷できます。