カルボシス。 「カルボシス」に関するQ&A

小児(子供)への使用 小児に対して、ムコダイン(一般名:カルボシステイン)は多用される薬の一つです。 OS04398• カルボシステインは前者になり、気道に分泌される粘液を正常化したり、気道の線毛運動を亢進させる事で痰を体外に排出しやすくするお薬です。 例えば、以下のような薬と併用しても大丈夫です。 なので、その都度調べて記事に残すようにしようと思いました…。 カルボシステインの主な作用は痰を排出しやすくすることですが、それ以外にも鼻水も同様に排出しやすくする作用があります。 ムコダイン(一般名:カルボシステイン)の効能効果・用法用量 ムコダイン(一般名:カルボシステイン)の適応症としては、上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核による去痰があります。 副鼻腔炎で溜まった膿への作用 副鼻腔炎は副鼻腔に膿が溜まった状態であり、鼻粘膜における粘液線毛輸送という病原菌などの異物を除去する作用が低下した状態です。 痰が固くなって出しにくい時というのは、痰の構成成分であるシアル酸・フコースの構成比が崩れていることが知られています。
22
女です 無 未発注• 子供や赤ちゃんの眠気 カルボシステインを飲んで子供や赤ちゃんが眠たそうにしていたり、眠りがちになった場合も、 極端な症状でなければあまり心配する必要はありません
見てもらったら細菌感染かもと言われカルボシスを処方されたのは良いのですが、抗生物質は何故かもらえませんでした こんなときは早めに病院へ 次のような場合には、市販薬では対処が難しく、適切な治療を受ける必要があります
用法用量としては、成人では1回500mgを1日3回投与します 特に理由がない場合は食後に服用しますが、食前や空腹時(食間)に服用しても問題ありません
ジェネリックを発売するに当たっては「これは先発品と同じような効果があるお薬です」という根拠を証明した試験を行わないといけません(生物学的同等性試験) またそれ以外にも鼻水・鼻づまりを改善させる作用などもあります
カルボシステインの特徴をおさらいすると、 ・痰を排出しやすくするはたらきを持つ ・鼻腔・副鼻腔炎の鼻水・鼻づまりを改善させる作用もある ・副作用が少なく安全性が高い ・ジェネリック医薬品なので薬価が安い などがありました 咳はすぐにほとんどでなくなったんですが、5日経った今でも息苦しさが続いています
その他、蓄膿症・副鼻腔炎など鼻の症状が出ているときに使える薬でもあるようです 赤ちゃん(新生児)であってもムコダインを処方されることを考えると、母乳中にムコダインが移行しても大きな問題にはならないのです
しかし先発品とジェネリックは多少の違いもあります ムコダインとは ムコダインが最初に販売されてから30年近くになり、古くから用いられている薬です
43