ルネ マグリット。 【作品解説】ルネ・マグリット「白紙委任状」

スカイブルーと白い雲は彼がよく使うモチーフだが、美しい空の一部ををカーテンで覆ってしまいその背後には何がかくれているのか、隠すことによりその奥に何が存在するのか好奇心が掻き立てられ、受け手は想像力を駆使し答えを見つけるよう問われている。

は、<宇都宮美術館>が収蔵しています。

マグリットはキリコの影響を受け、 芸術家として生きていくことを決心する。

1943年から44年にかけてマグリットの絵画は、カラフルで簡潔になっていきました。

基本はみんな「なに考えてんだろこの人」と思うはずである。

「デペイズマン」や「隠す美学」などの作品がたくさん描かれている。

1898年11月21日、マグリットは仕立屋と行商で生計をたてる父レオポール・マグリットと母・レジーナ・ベルタンシャンの長男として誕生しました。

また馬と女性はときどき樹木を隠し、馬上の女性だけを隠すこともある。

1922年から26年まで、製図工やポスター、広告のデザイナーとして働いた。

31
1967年の8月15日、ルネ・マグリットは癌で原因で逝去しています。 事物の形象はきわめて明確に表現され、筆触をほとんど残さない古典的ともいえる描法で描かれるマグリットの手法は、本作でも積極的に活かされている。 1938・・・ギャラリー・デ・ボザールで開かれたマスセル・デジュシャン中心のシュルレアリスム展に参加。 街灯と部屋の明かりが灯る夜の風景の上に描かれた空は、白い雲が浮かぶ昼の空です。 ここシュルレアリストあるあるです。
42