古川 信也。 CiNii Articles

37

現地から届いた遺体の指紋は松井容疑者と一致したという。

に逃亡し、共犯として国際手配されていた当時19歳の女(28)が今月1日になって帰国し、殺人容疑で警視庁に逮捕された。

( 2011年11月12日) 女は遠い異国の地で8年間を過ごし、突然、帰ってきた。

血液が完全に抜かれ、手足の指紋もほぼ全て削り取られていたものの、わずかに残っていた指紋とDNAから、被害者は公園近くに住む一級建築士の男性(35歳)と判明するも、現在まで犯人は捕まっておらず、2009年4月23日午前0時に公訴時効が成立したことで未解決事件となりました。

「誰かの女にすればいい」。

警察は、当時被害者女性と同居していた野崎浩(48歳)を犯人と睨んで捜査を進め、4月6日夜に埼玉県川口市の路上で手首を切って自殺を図っていた野崎浩を逮捕しました。

女は思った。

バラバラ殺人事件の犯人と現在/衝撃ランキング第22位: 島根女子大生死体遺棄事件 島根女子大生死体遺棄事件 島根女子大生死体遺棄事件は、2009年11月6日、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で、同年10月26日から島根県浜田市で行方不明になっていた 女子大生(19歳)の頭部が発見された猟奇殺人事件です。

動機については、「誰でもいいから殺そうと考えていた」「戦争やテロが起きないかなと思っていた」などと供述。