ドラマツルギー 歌詞。 ドラマツルギー (Dramaturgy)

Now, now… ずっと僕は 何者にもなれないで zutto boku wa nanimono ni mo narenaide I can never amount to anything… 僕ら今 さあさあ 喰らいあって bokura ima saa saa kuraiatte Hey, look! ということで、歌詞をじっくり読み込んで、その意味、そして自分の生き方に照らし合わせてみて欲しいのです。

」という考えのことのようです。

みんなが何かしらの役柄を演じているので、傍観者、観客はいません。

ドラマツルギーという曲名の意味を考察 「ドラマツルギー」とはどういう意味でしょうか。

じっくり味わって欲しい世界観 ではここからは歌詞を紹介しつつ、曲に込められたメッセージを見ていこうと思います。

デッドヒートという言葉を英語に直すと、「dead heat」となります。

嘲笑われても必死に生きるしかないんだ!こんな思いが感じられませんか? 何も同じ役柄なんてない 曲の最後の歌詞です。

そして、映画のクライマックスのような手に汗握る戦いをして。

でも「家」に帰ると「一人息子」、「学校」に行けば「男子高校生」という役になります。

7