進撃の巨人 123話 ネタバレ。 【進撃の巨人】123話エレンの答え!地鳴らし発動で世界の運命は

納得がいかない店主達ですが、逃げるようにこの場から立ち去るリヴァイ達。 キヨミが「無論私共アズマビト家は和平への協力を惜しみません」「ですが、それにどれほどの実現性があるとお見込みでしょうか?」と聞くと、ハンジは「とても困難であることはわかっています、とても危険であることも」「しかし、だからと言って最善を尽くさないことはできないのです」と答えていく。 しかし、 ミカサに問いかけられたエレンは涙を流していた。 それを人間が倒せたというのはどういうことなのでしょうか? 実はこの矛盾こそが、歴史の真実を解き明かす鍵になります。 エレンは最初に出会ったことから変わっていない。 アニメ2期エンディングでは3人の娘についての絵もありました。 自分は大型銃器を背負うと、マガトもその背中に乗ります。 たち調査兵団一向がに上陸していく。 最後までジークの味方をする忠義者として、エレンを止める側にまわる? それともやっぱエレンに鞍替えす? そしてオニャンコさん義勇兵の皆様的にも、『島外滅ぼす』ってことは自分らの故郷ピンチなわけですし……(まあ、この方達はエレン放送聞いてないだろうから、まだ状況把握出来てないだろうけど) となると、フロック率いるイェーガー派対イェレナ率いる義勇兵の対立? でもこの状態で対立したところで、どうしようもないじゃん……むしろ故郷あきらめて自分達は助けて! って命乞いしても不思議はないよね。
62

『進撃の巨人』で今すぐ確認!ぜひ自分でも考察を!. 兵士たちは二体に雷槍を食らわせようと押しかけますが、その瞬間、エレンの頭が撃ち抜かれます。

その時、少年の父親がエレンとミカサに温かい飲み物を持ってきたため、二人の会話はここで終わってしまいます。

ただ、リヴァイはアズマビトからもらったこずかいだとあまり気にせず、少年を許します。

市場の少年は戦争で居場所をなくした人達が集まっている場所で暮らしていました。

ネタバレ考察13:巨人、巨人科学研究所について 出典:『進撃の巨人』1巻 22巻ではエルディア人のみが巨人化できることが判明しました。

俺はその世界の願いを拒否する。

17