ツチ ハンミョウ。 甲虫の図鑑|カミキリモドキ科・ツチハンミョウ科他

具体例 [ ] よくこの典型例とされるものに類がある。 その幼虫は若齢幼虫と後期幼虫で形が違い、若齢では体が扁平で、往々に胸部の幅が広くての幼虫に似る。 巣内に花粉や蜂蜜を蓄えてその上に卵を産むと巣を閉じる。 ただしこの語の使用例には揺れもあり、1齢幼虫とその後の幼虫が大きく形態や行動を変えるものを指して過変態という、との定義 もあり、その意味での使用例もある。 また甲虫の幼虫に寄生するアカアシナガハリバエ Dexiosoma canina では1齢幼虫の全身に長い毛があり、また触角が発達しており、幼虫は土や材の中を宿主を探し回る。 甲虫類のは、多くは成長の過程で外見が大きく変わることはないが、ツチハンミョウでは同じ幼虫でも成長につれて外見が変化する。 ハチのように刺してきたりということはありませんが、 不用意につかんだりつぶしたりして体液がついてしまうと、 そこに含まれるカンタリジンによって、 水ぶくれなどの炎症症状を引き起こすので注意が必要です。
21 35