ガーラ 湯沢。 「スキー場崩壊の象徴」ガーラ湯沢に再びテコ入れを始めたJR東日本に勝算はある?

(平成9年):上越国際スキー場前駅(臨時駅)が開業。

:津久田信号場が駅に変更され、津久田駅が開業。

485系(ジョイフルトレイン「」車両) - 快速「NO. 同駅には上越新幹線も乗り入れており、付近には冬はから気軽に行けるスキー場が多くあり、・客で賑わっている。

: 1940年11月1日廃止、現在の新前橋駅 - 井野駅間 過去の接続路線 [ ]• 2018年までの駅名標 利用状況 [ ] JR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は 779人である。

スキー場へはゴンドラリフト「ディリジャンス」で結ばれているほか、スキー場北エリアからの下山コース「ファルコン」の終点になっています。

18
使用車両 [ ] 651系 普通列車 [ ]• 当線が開通する以前、と新潟県を結ぶ鉄道ルートは「高崎線・信越本線ルート」と「・ルート」の二つがあった - 前述の80系の編成に混用
スキー場がなぜ設立されたかは不明ですが、赤字だった国鉄の再建事業のひとつと思われます 施設 [ ] ゴンドラからの眺望 スキーセンター カワバンガ() ガーラ湯沢駅のがそのままスキーセンターとなっている
管轄(事業種別):東日本旅客鉄道()・()• 営業を行っていない時期の越後湯沢 - ガーラ湯沢間は、越後湯沢駅に発着する「」の折り返し用に使用されている このほか、夏季に行われる高崎花火大会の日に臨時列車が運転される年もある
2008年6月に土樽駅・土合駅のホーム改良工事が行われ、以前の停車ホームからせり出す形で旧通過線上に新しいホームが設けられた このほか、高崎駅 - 新前橋駅間は1884年に が高崎駅 - 前橋駅間を開業させた際に建設したもので、国有化後はの所属となっていたが、上越線全通後に上越線にも属する重複区間となり、1957年に上越線単独の区間とされた
8 季節営業の臨時駅 廃駅 [ ]• 外部リンク [ ]• 6km• (大正11年):越後川口駅 - 越後堀之内駅間が延伸開業 外部リンク [ ]• 橋を渡ると段々と山が迫り、またそれに伴って勾配を上っていく
高崎駅 - 新前橋駅間 [ ] 高崎駅 - 新前橋駅間については、歴史的経緯と通勤需要からや両毛線と一体化された輸送がなされており(詳細は「」を参照)、両毛線や高崎線への直通普通列車を中心として1時間に5 - 7本程度運行されている 他に高シマ所属の両毛線・吾妻線用車が高崎-渋川間で運用
または牽引• 五日町駅・六日町駅・塩沢駅が開業 同じ扱いの路線として、山陽新幹線につながっているJR西日本の「博多南線」があります
越後湯沢駅 - 六日町駅間のほくほく線直通の普通・快速・超快速列車の停車駅は「」を参照 駅構造 [ ] 1面2線のである
小雪等によりスキー場のシーズン終了が予定より前倒しされた場合は、列車も運行終了となり、以降のこの区間は当初のシーズン終了日まで運休扱いとなる (水上駅 - 宮内駅間) 支線 [ ]• global-nav-links-menu-ellipsis,DIV. を越えてしばらくすると利根川の川幅は一段と狭まり、大きな岩も目立つようになる
また下記を含むカワバンガ内の一部店舗ではが利用できる (「」車両) - 特急「リゾート草津」、快速「リゾートやまどり」など• また、上越線内で定期貨物列車が停車する駅も存在しないが、信越本線への停車は設定されている
95