ビジュアル スノウ。 ビジュアルスノウの症状に似たものを物心ついたときから感じてて、いろいろ調べる...

ですが、私は考えを変えて、一つ一つできることを やっていくことにします。

そのためにはまず、 ビジュアルスノウという視覚異常を広く社会に認知してもらう必要がある。 若倉先生の記事でその単語を再発見し、Wikipediaの記事を読んでみると、今からならなんとかできるかもしれないという気がしてきました。 視界砂嵐症候群、小雪症候群や雪視症とも呼ばれます。 P2, ビジュアルスノウ ~視野に降る雪~ 視野に粗い光点が散りばめられ動き回る症状「ビジュアル・スノウ」が黄さんにもあった! 動きまわるのは「図」である文字だと思っていたが、実は「地」である背景を満たした粗い光点が回転していた。 しかし目に異常は見つからず、紹介された神経内科で精密検査を受けたが脳にも異常は見つからなかった。
74
内視というがなければ、まるで霊的なだったり、だったり、そういったが見えないを知覚できているとしてもではないの。 ビジュアルスノウかも?という症状が出ている場合は、 まずは「眼科」「脳神経外科」でそれぞれ検査を行ってください。 例えば羞明。 みなさんこんにちは!くうてん君です。 それでも夜になればハッキリと見えますが。 もしも何か見つかったら、それの治療が優先ですし、 何の異常もないのであれば、こういったビジュアルスノウと 呼ばれるものになっている可能性もあります。 耳栓関係なしにすっごくうるさい中、ウトウト。