胡蝶しのぶ 吸収。 胡蝶しのぶが死んだシーンが衝撃的!死因は吸収ってどういうこと?

スピードと背丈の低さを最大限に 活かした全力のしのぶさんの攻撃が 美しいこと美しいこと 冨岡義勇は驚いたような表情を浮かべ、その思いを言葉にすることはありませんでした
哀れな最後ですね この技は16巻で童磨相手に使用しました
— すーりん asaksara3 以上が皆さんの反応でした 実際、しのぶ本人も「 満足ですよ」と言っていますし
姉さんより才も無いのによく鬼狩りをやってこれたよ 最後に言い残すことはあるか と童磨は泣きながら胡蝶しのぶに言います
鬼と仲良くする夢です 」鶴見知利子〈つるこ〉• 天井にくし刺しにされても、笑いながらしのぶを見つめているのは少し不気味でもあります
>> 胡蝶しのぶが死亡した最期は何巻? 胡蝶しのぶが死亡した最後のシーンは、 鬼滅の刃の単行本コミックで17巻になります 「君には私の夢を託そうと思って
これで、姉を殺した鬼だと確信した胡蝶しのぶは、童磨に「姉を殺したのはお前か?この羽織に見覚えがあるだろ」と問いただします そして、しのぶを称賛する言葉を並べますが全部しのぶを小馬鹿にしたような言葉を並べます
姉と二人、共に一体でも多くの鬼を倒そう、と誓い鬼殺隊に入ったのでした 初めて竈門兄妹と対峙したとき、しのぶは鬼の禰豆子に問答無用で斬りかかっています
92

指文字は、これから童磨と戦うカナヲのことを案じての行動だったのですね。

柱の中でも胡蝶しのぶは蟲の呼吸を極めた蟲柱です。

寧ろ、柱3人分の強さであるため勝率がないことを察していたのかもしれません。

しかし最後に 「しのぶならやれる、がんばって」と泣きながら胡蝶しのぶを激励します。

そのせいか、童磨戦の前には、彼女の体重である 37㎏もの毒が体に回った状態になっていたんです。

柱にまで上り詰めたカナエですが、上弦の鬼の手にかかり、しのぶの目の前で亡くなってしまいます。

50