ナルト陰陽遁。 ■

五代目水影照美メイは、溶遁と沸遁の二つの血継限界を持っています。

実在の伝承等で神とされている存在である。

人柱力であるキラービーとは初めこそチャクラの奪い合いをしていたが、今ではビーが幻術を掛けられた際には八尾がそれを解くなど戦闘においても協力している。

八卦空掌(はっけくうしょう) 掌底からチャクラの真空の衝撃波を放ち、敵を吹き飛ばす遠距離攻撃。

里の上役のみが入ることを許された神聖な場所には貴重な岩隠れの「石」が里の設立期から存在する。

63
オビトが人柱力になった際には、当初は背中に渦巻マークと9つの勾玉模様、10本の角 があり、肌が白くなった姿をしていた。 手から無数に枝分かれした雷を放ち、相手を捕縛する。 その後は残りの左眼を回収するために十尾の人柱力になった後、オビトの前に現れてミナト達を退ける。 ナルトとビーには「八っつぁん」の愛称で呼ばれる。 地面や腕、掌から角材状の木を出現させるなど、様々に応用できる。 声 -• 疾風伝では、サスケがキラービーと戦う前後ではまだ捕獲されておらず、人柱力のウタカタと共にオリジナルストーリー「六尾発動の章」にて登場。 「水遁・水陣壁」水の壁を作る術。 第三次忍界大戦で木ノ葉隠れの里に一度滅ぼされたが、その残党が木ノ葉を襲撃する。 通貨の単位は「両」。 なんか、無限月読に呼応して本来の記憶や人格が表面化したとかそんな風に見えたな。
島内に生息する動物は皆巨体で凶暴。 しかし、大蛇丸によって呪印を刻まれたサスケは、己の宿命に苦悩する。 この仙術チャクラを練り上げた状態は「 仙人モード」と呼ばれ、瞳孔が由来する口寄せ動物と同じものに変わり、隈取が出現する。 影分身のナルトが戦場へと散らばり、連合軍を混乱させている白ゼツ達の悪意を感知することで白ゼツ達を撃破、さらに穢土転生で蘇った忍五大国の影の名を持つ忍達も封印、忍連合軍は一気に優位に立つ。 柔拳の基礎であり、白眼を開眼すれば使える。 発動すれば最後、この術から逃れる術はない。 初代火影である千手柱間は、サスケに自分とマダラの出会いや木ノ葉創設までの出来事、そしてマダラが里を去り終末の谷での戦いを起こした一連の出来事を全て語る。 「天照」右目の万華鏡に宿った固有能力。
3