石原 健太郎。 石原健太郎とは

2009年8月12日、もを退け総連側の敗訴が確定した 石原は、だったに、鳥濱トメにを贈るよう進言したことがある
4月29日 - 春の叙勲で受章 北海道および神奈川県で育つ
生意気だ、あいつは」と発言した 返還前のことですが、米国の石油メジャー会社が、時の佐藤首相に、外相がらみで自分たちによる試掘を持ちかけてきた
党の方針に背いて独自に行動することを宣言したことに反発した大阪系の衆院議員(当選1回)が「(党の決定に)反対なら党から出ていったらよろしい」と発言、他の複数の大阪系議員も同調した 参議院議員辞職後に無所属でに挑戦するが落選
結構なことじゃないか」と述べ、のビデオ映像流出行為を肯定した のちに天皇は被災した各地を慰問したが、(平成24年)2月に天皇がと診断されたことから、石原は「私の建言なんぞの前に陛下はとうにご自分で心に決めておられていたのだと思う」としつつも「しかし陛下にじかに、余計だったかも知れぬ建言を申し立てた私としては、陛下が心臓の病で倒れられたと聞いた時密かな自責の念に囚われぬ訳にはいかなかった」と記し、「(東日本大震災一周年追悼式にて)式辞を述べられ退席される陛下に出来れば私は、二階正面から陛下の御健勝を祈って天皇陛下万歳を叫びたかった」「陛下はその身の危うさを顧みることなく見事なとして、そして見事な男として、その責を果たされたものだと思う」と天皇を称えたり 、「神道の祭司である天皇陛下に、国民を代表してぜひぜひ参拝して頂く事をお願いして欲しい」と天皇の親拝を切望したり 、運輸相だった1989年9月22日の記者会見で「天皇陛下は元首でもあるが、それ以上に、国民のおとうさんみたいなものだ」と述べて、天皇を元首とし憲法に明記すべきとの見解であるが 、27歳頃には『文藝春秋』1959年8月号で「天皇が国家の象徴などという言い分は、もう半世紀すれば、彼が現人神だという言い分と同じ程度笑止千万で理の通らぬたわごとだということになる、というより問題にもされなくなる、と僕は信じる」 、28歳頃にはの小説『風流夢譚』がへの不敬とされる描写で物議をかもした折、『週刊文春』1960年12月12日号で「とても面白かった
24 62