日航 機 墜落 事故 真相。 日航機墜落事故の真相を巡る謎のまとめ

スポンサーリンク 救助や捜索の様子 墜落後に消防や警察などによって救助体制が整えられて、自衛隊の出動準備も整えられましたが、日暮れの時間であることや、山岳地帯に墜落したことで、墜落場所の特定が難航しました。
日本航空123便墜落事故 1985年8月12日 プラザ合意 1985年9月22日 ジャップ経済の地獄は、バブル崩壊ではなく、実はプラザ合意から始まってる その後も諦めずに制御を続けましたが、異常発生から約30分後に右主翼が地面へと接触して、その衝撃によって機体後部が脱落して先に落下しました
(二人の子供を)よろ しく頼む」という短文を残していた ガーガーガーンと強い衝撃の後、様々な固形物や砂が次々と頭にぶつかり、体が宙に投げ出された
その原因は、人数確認のミスでした これを裏付ける理由はいくつかあります
ほかにも、宝塚歌劇団の北原遥子さん、阪神タイガース球団社長の中埜肇さん、ハウス食品代表取締役社長の浦上郁夫さんら財界人も、123便に搭乗していて亡くなったのです 陰謀説の中には「米軍による誤射説」というものもあります
ジャンボジェットの頑丈なや機体後部を吹き飛ばすほどの空気が噴き出したとなると、機内は高度上空の気圧の低い状態、つまり急減圧が起きたことになります まさに、我国、日本は戦時下にあるような様相を呈しております
このTRONを開発していた研究者たち17名を暗殺するために、米軍が123便を墜落させたのです 重要なことは、すぐに現場に登って生存者を探そうとしていた上野村の消防隊員に戻るように押し戻したのも自衛隊で、その間の空白の10時間に自衛隊員しかしなくなった現場で、いったい何が行われたのかということなのだ
「墜落直前の日航機を2機の自衛隊ファントム機が追尾していた」という証言を実名で複数集めている点が決定的に重要だと思います 3、 過去のしりもち事故 当該機は1978年に「しりもち事故」を起こしている
(社史より)』 この日にあわせて、墜落の真相を明らかにする会のホームページを開設しました さらに、ジャップは冷戦中の優遇措置をいいことに、アメリカを倒しにかかってたんで、 ジャップの不正な為替操作をもう認めないことにした
社用の便せんらしい紙 にボールペンで走り書きされており、勤務す る会社の茶封筒の中に入っていた しかも雑誌の文面には「紙幣や書類が周囲に散乱していた」(写真誌フォーカス)と記載されている
」で終わってしまった この事故はその犠牲者の数で世界の中でも最多記録を持っています
7
悲しいことですね」 青山「ですから、私の取材過程において、上野村の人に話を聞いたのですが、皆怒ってますよ しかし折れた後部は尾根を転がり落ちて、運良く24名もの生存者が居ました
当時はまだ、DNA鑑定も確立されていなかったため、身元確認作業は困難を極めました 「日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」元日本航空客室乗務員 青山透子」著 1985年8月12日 私があの事故が起こった年は高校二年生であった
さらに、機長の声が入っているボイスレコーダーの録音テープなどの資料も処分されたというのだから、「政府にとって都合が悪いことを隠ぺいしてる」と思われても仕方ありません …二度焼きしたような状況だ」
しかし、日本の機関で自衛隊の振りをした自衛隊、それも外国人部隊がある となれば話は別です 現場のへし折れた木々の写真です
墜落事故当日、脱落が起きたにおいて、「まつゆき」が試験航行していました
さらに、機体後部で発見された犠牲者たちの遺体は損傷の少ない状態が多く、生存者たちの証言によると、墜落直後は生存者がもっといたとのことでした 社名入り封筒に
債権放棄をめぐる銀行との攻防は知りませんが、結果として、は借金棒引きと巨額の税金の注ぎ込み、銀行に債権放棄をさせて身軽になったうえに、さらに10年(途中法改正で7年)も等免除だったのです なぜそんなにも時間が経ってしまったのか、それ以外にも不可解な不思議がいくつもあります
逆に事実を一つずつ積み重ねていけば、新たな真実が見えてくるのではないだろうか 先の赤い飛行機は攻撃機であり、二機の自衛隊ファントム機はその機体に攻撃を継続されていることを警告した状況であり、その危険から一度は横田基地に緊急着陸しようとしたが御巣鷹山方面に引き返した事実
捏造の証拠を処理廃棄し、再調査への道を閉ざす暴挙であった さらに上野村役場から救急車で二時間近くも揺れるのは大変危険だと判断をした饗場医師は、子ども二名を再度別のヘリに乗せた
しかし、子供の遺体に寄り添うように生えた木立にはほとんど焦げ跡がない つまり自衛隊は墜落場所を知っていたわけですから、翌日まで救助を開始しなかったことについて、納得できる説明をする必要が自衛隊にはあるわけです
青山氏もまた日航のステュワーデス 当時は、女性客室乗務員を、こう呼んでいた だったが、あまりにも不審点が多いため、事故で亡くなった同僚のステュワーデスの無念を晴らそうと数年かけて徹底的に調査してまとめ上げたのが、この本である 1999 年、事故調は世界最悪の日航 123 便墜落事故の資料を完全に廃棄した
』 なんとも、不可解な状況だね 「ああ、墜落したのだ
一度も 墜落現場に 来ずに 大國氏も遺体の状況に大きな疑問をお持ちだった
33