アメリカ 大統領 選挙 投票 率。 大前研一「大統領選挙の結果分析でわかったアメリカ人の本音」 バイデンはすでに任務を終えた

第6回():世論調査(所定の世論調査中4つで4%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで6%以上支持)・資金調達(20万人以上かつ20州で800人以上からの寄付)の両要件を充足した7名の候補で開催。 :で大統領および副大統領当選者の選挙結果認定作業開始。 票数の変化は、州のサーバーに適切にアップロードされなかったメモリカードを含む多くの人為的エラーによるものであり、元の集計の不正によるものは確認されなかった。 負けたとはいえ、トランプ大統領も前回を大きく上回る票数を得たことにアメリカ社会の「分断」の深刻さを感じる。 「隠れトランプ支持者」が世論調査に与える影響は限定的だとの指摘もあるからだ。 。 質問の回答に戻ります。
25
「アメリカ大統領選挙と陰謀論と武装右翼 「Qアノン」とは何者か?」『軍事研究』2020年1月 658 号、ジャパン・ミリタリー・レビュー、2021年12月10日。 〔中略〕 この情報はアメリカ国内では11月1日(日本時間)の段階ですでにファクトチェック済みだが、日本国内にはファクトチェックされた情報は伝達されず、誤った情報だけが5日早朝から拡散されている。 しかし、連邦法及びアメリカ合衆国憲法では選挙人が誓約に従って投票するよう義務付けているわけでは無く(一部の州では州法によって義務付けている)、選挙人は一般投票と異なる候補者に投票することも可能である。 実際の選挙戦の幅を広げる試みだ。 第3勢力の候補者は署名が揃わず、一部の州でしか立候補できない事例が多い。 黒人の投票率は、2008年と12年の大統領選で65%を上回り、民主党のオバマ前大統領の勝利に貢献。 2020年12月8日、連邦最高裁判所は原告には別の州の選挙制度に対し裁判を起こす資格を有していない と判断し、訴えを退けた。 Steinhauser, Paul 2020年11月7日. 訴訟 [ ] 「 ()」も参照 トランプ陣営や支持者は選挙の結果を受けて根拠のない、すなわち証拠を用いずに選挙の正当性に疑問を投げかけるような主張をし、法廷裁判へ持ち込んでいる。
38