飛鳥 昭雄 ブログ。 ★飛鳥昭雄の近況&予定★: ASKAZEERA

そして、今回のおまけ映像には、久しぶりに「まほさん」が登場! 賑やかにブラックASKAと語り合っています! ある意味今後の日本に希望が持てる今回のテーマ、 貴重な情報をぜひ入手して下さい! 【定価】¥5,000(税込) 今回はシリーズ第11回目を記念して、初回限定版:ブルーレイとDVDの2枚セット(内容は同様)で発売いたします。

雑誌「ワンダーライフ」や「ムー」などで持論を発信する怪しいオカルト研究家であり、モルモン教の信者というのが現在の顔である飛鳥昭雄ですが、昔は真逆の存在だったようです。

日本オカルト史に燦然と輝く「月刊ムー」の仕掛け人で、ムー顧問の武田崇元氏。

』 ヨーロッパの希望の象徴だった「大キリスト教国」の大王「プレスタージョン」は世界滅亡寸前に現れる! 煩悩君は飛鳥昭雄を心酔するから言論が難解で、さらに間違っているという、最近の内容が最悪になっている。

そして飛鳥昭雄は、その「基準」から、どれだけ離れた所で、 論理を展開しているのか。

5月から始まった「月刊ASKA」。

宗教・古代史・宇宙論。

おなじみの折伏経典であるが、おおよそ、すべての宗教はこの様に排他的なのだ。

個体、液体、気体、に次ぐ第4の形態プラズマ。

九鬼文書には「父のスサノオの子が男性の神である天照大神」だと書かれるが、それが元で、それを今のような姉が天照大神で弟がスサノオを書き直したのは道鏡である。

36
教科書でも聖徳太子は架空の人物と書かれる時代に、して、秘密結社八咫烏を創ったのは聖徳太子とかいうクダラナイデマを世間に流布している。 >>>>>>>>>>>>>>> ダウンロード有料版 <オールカラー> 『MONTHLY-ASKA/月刊ASKA CM発信中! 未知なる頂上空間に存在するピラミッドアイの高さと符合する、 架空神殿と言われる「上古出雲大社」本殿の高さ。 なぜなら、日本は、以前からアメリカに地震兵器「HAARP」によって脅されているから。 怖さ半分、興味半分で、ぜひ大人のオカルトワールドへお越しください! 5,000円以上のご注文の場合は送料無料となります。 コードネーム「オーロラ」は、現在沖縄に在る。 詳細は2021年3月に公表致します。 記紀は何度も書き直された偽造文書である。 現存するスフィンクスの前足部分に隠されているカッバーラの至宝が現出する時、 この世界の終わりが到来したことを意味する。 同時代に生きた、邪馬台国「卑弥呼」と、 後に神武天皇となる 朝鮮半島騎馬民族の大王「沸流(フル)」。
63