カタルシス 意味。 心理学用語:カタルシス(浄化)|サイエンス.COM

72
そしてその「カタルシス」とは「浄化」を意味しています。 例えば、• 哲学の求める知(プロネーシス)とはそのような魂のあり方のことである(『パイドン』66B~68B)。 ストレスホルモンが排出されるとストレスが緩和されるため心がすっきりするのです。 「カタルシスがない」は、物語や舞台をはじめ映画や小説などの構成に対して、少し不満があるような時にも使われることがあります。 カタルシスには治療の効果の表れとしてみなされていることが多いです。 「カタルシス」の意味の由来 意味の本質を知るには、その由来となったものを理解してしまうのが近道です。 心の中が綺麗になっていくという状態を表し、「心の中に溜まっていた澱のような感情が解放され、気持ちが浄化されること」を指します。 「カタルシス」の使い方 「カタルシス」の一般的な使い方としては、「カタルシスを得る」「カタルシスを体験する」などがあります。 もあります。 怒りや悲しみなど、ネガティブな感情を自分の心の中で抑え込むと、かえって強いストレスを感じるようになります。