牧之原 翔子 名言。 牧之原翔子 名言

三大好きな言葉です, 違う!これはあたしじゃないよ!あたしは夏休みが来てほしい。

そのため、以降の物語には関わらなくなるが、突然若者の間で流行り始めた謎の動画歌手・霧島透子の存在に疑問を持ち、咲太へ警告を発してる。 私と咲太のふたりで 桜島麻衣の前で弱音を吐く梓川咲太は、自分を支えてほしいとお願いします。 その後、咲太は彼女と再会しようと峰ヶ原高校へ入学したのだが、在校生どころか在籍した記録すら存在しなかった。 , そして何を隠そう私の人生観も変わりました。 , 咲太のことを励まし、勇気づけ、彼の後の人生観に大きな影響を与えた女性であり、咲太の初恋の相手となります。 , そんな中、麻衣と付き合ったことで彼女のことは思い出として胸にしまっていた咲太ですが、ある日捨て猫の前で座っている中学生を見かけ話しかけます。 ただそれは寸前で不可能となり、大泣きしながら彼への想いを告白するのでした。

僕は、まっ、こんなもんだろって思いながら生きてる」 咲太 , 「良いも悪いも、現にこうなちゃったんだから仕方ないでしょ。

よろしくおねがいいたします。

関連イラスト 翔子ちゃん 関連動画 関連タグ ネタバレ 実は中学生の翔子は幼い頃から重い心臓の病を患っており、担当医からは中学を卒業するのが難しいレベルと言われていた。

咲太の他人に優しく接してあげようとする姿勢はこの言葉が始まりでしょう。

牧之原翔子は咲太の認識で二人いることになっています。

私が見ている水平線よりも、咲太君が見ている水平線が遠いように」 出典: 『はバニーガール先輩の夢を見ない』第12話 世の中のこと全部に当てはまるんじゃないかなと思います。

ネタバレにならないように、発言の背景はあえて説明しません。

13