高田 健二。 3・28事件(仮称)

Behavioral Ecology and Sociobiology. 野崎友成さんが 最優秀ポスター発表賞を受賞しました。 DOI: 8月14日 シロアリの腸内共生微生物が栄養的寄与だけでなく巣内の衛生環境の維持にも寄与していることを明らかにした論文が The Science of Natureにアクセプトされました。 [ポスター発表] 田崎英佑・小林和也・松浦健二・井内良仁 「長寿昆虫シロアリ女王の優れた抗酸化システム」 3月25日 シロアリの子のカースト決定に対する親の表現型の効果が遺伝子型ではなくゲノムインプリンティングによるものであることを明らかにした論文が American Naturalistに掲載されました。 。 4月7日 Youtubeにをアップしました。 2020 A non-invasive method for sexing first and second instar larvae of termites using external morphology. 12日 松浦健二「研究成果を発表するということ」 13日 松浦健二「良いポスターを作るための基本テクニック」 2月12日・13日 資源生物科学科 を開催しました。 現在、これらの荒らしとも取れる書き込みの増加に多くのファンが困惑している模様。 超会議出演やイベント開催に関する高田とのやり取りの間に生まれた勘違いや誤解、裏の事情を放送に乗せる高田の行動などが原因で加藤と高田は仲違いすることとなってしまった。
71
京極大助(東北大学大学院 生命科学研究科)マメゾウムシの研究から見えてきたもの:繁殖干渉と性選択とそれらの関係 10月11日 を開催しました 2020年10月には近隣の西ノ島町、知夫村とも合同でホストタウンに登録
その後ピン芸人としての道は歩むことなく高田は芸人を引退し一般職に就職した 2020年 12月24日 特定研究員を募集しています
Tasaki E, Mitaka Y, Nozaki T, Kobayashi K, Matsuura K, Iuchi Y: High expression of the breast cancer susceptibility gene BRCA1 in long-lived termite kings. 8月8日 京都大学オープンキャンパスにおいて昆虫生態学研究室のオープンラボを開催しました 当研究室のOBで昭和29年農林生物学科卒
5 月30日 ケンタッキー大学昆虫学部にて特別講演を行いました 玉置千紘・松浦健二「全てお見通し!世界最大規模の巨大シロアリ飼育装置で迫る卵保護行動の動態」 高田守・永井秀弥・稲垣辰哉・田崎英祐・松浦健二「息子の将来とオヤジの背中:王の成熟度で決まるシロアリの羽アリ性比」 11月20日-22日 (於:沖縄科学技術大学院大学 OIST )が開催されました
限定配信版の視聴はが必要です 2017年5月に島根県から埼玉県に県教育委員会や海士町役場職員らと5名で訪問した
84