阿蘇 製薬。 阿蘇製薬の評判/社風/社員の口コミ(全7件)【転職会議】

ASO PHILIPPINES, INC()• 本社所在地 〒869-1101 熊本県菊池郡菊陽町津久礼91-1 設立 (25年) 医薬用品 代表者 久木康裕(代表取締役社長) 資本金 5,000万円 純利益 1億5031万4000円(2018年09月30日時点) 総資産 37億2321万円(2018年09月30日時点) 従業員数 170名 決算期 9月30日 外部リンク 阿蘇製薬株式会社(あそせいやく、: ASO Pharmaceutical Co. アソインターナショナル株式会社• 外部リンク [ ]• 本社工場では滅菌設備を更新するなど生産効率アップを図ると同時に、薬事法改正やP IC/SGMP(医薬品の国際ガイドライン)への対応を見据えた生産体制の整備を今年中には完了する予定。

この項目は、に関連した です。

同商品は傷口を密閉し湿らせた状態を保つことで自然治癒力を高める新型の絆創膏で、早く綺麗に傷が治ることが特徴。
阿蘇精機株式会社 海外 [ ]• 沿革:(昭和25年)10月設立• ASO AMERICAS() 脚注 [ ]• 国内市場では、新型の絆創膏「クイックパッド」の売上が順調に伸びている 今後も市場拡大が見込まれ、さらなるシェアアップを目指す考えだ
救急絆創膏の分野で国内生産量のトップシェアを持つ阿蘇製薬 営業所:3ヶ所 関連施設 [ ]• ASO LLC()• 資本金:5,000万円• 久木社長は「海外では未開拓の地域も多く、シェア拡大の余地は十分にある
海外での販売数は着実に増加している 本社(工場)所在地:熊本県菊池郡菊陽町津久礼91-1• などしてくださる()
阿蘇製薬株式会社 ASO Pharmaceutical Co. 菊陽町の本社工場のほか、アメリカ・フロリダ州サラソタ、テキサス州エルパソ、メキシコ・ホアレス市、フィリピン・セブ島に製造拠点を構えている 組織の力は社員一人一人の力の結集です
これからはグループの拠点としての責任を果たすべく、「ビッグ」カンパニーではなく「パワフル」カンパニーを目指し、新たな一歩を踏み出し、努力して参ります ASO EUROPE()• 概要 [ ]• 代表者:久木康裕(代表取締役社長)• 全生産量の7割は海外が占める同社
康和株式会社• 今後とも皆様方のご支援とご指導を心よりお願い申し上げます 社員一人一人が自らの力を十分に発揮できる組織づくりを構築することが私の使命だと考えております
企業の力は組織の力です
さらに、3月からは福利厚生の強化のため食堂などのリニューアル工事に着手する 今後も世界の市場を見据えた事業を展開したい」と目標を語る
関連会社 [ ] 国内 [ ]• 北米やヨーロッパで一定のシェアを維持するとともに、近年はメキシコやブラジルに営業所を構えるなど中南米で販路を拡大 さらに1990年代には米国フロリダ州サラソタ市、テキサス州エルパソ市、フィリピン・セブ島の3ヶ所に、また2006年にはメキシコ国ホアレス市に海外の生産拠点を開設し、日本国内で蓄積してきた生産技術を基盤に、国内外の急激な経済情勢の変化に対応してまいりました
80 58