選挙 ウォッチャー。 TOP

議会報告会では、例えば、議長または副議長が、 1年間の議会活動(議案等の審議、議決の内容など)について報告をし、会派の代表(一人会派の場合は本人)は、 1年間の主要な個別議案、請願および陳情などに対する会派の態度または姿勢(賛否の理由を含みます 」とも記載されているなど、記事を全体として読めば、原告が関与しているものと断定しているのであるから、嫌がらせをしていた「疑い」という程度を越えて、原告の指示の下、N国党関係者が嫌がらせを繰り返していたことそのものを意味するものと理解する他ない
とことん都議選を楽しんでください この選挙は、欠員1に対し、まさかの11人が立候補する大激戦となり、そのうちの5人が、立花孝志の 「諸派党構想」に賛同しているバカ
パンフボマーが逮捕された時に請求される金額は、今のところ青天井です 私たちは、これらの判断材料を議会ウォッチャー西尾のホームページと Facebookのグループ「議会ウォッチャー西尾」に掲載して、落選運動に関心のある個人や団体の利用に供したり、これらを掲載した私たちの情報誌を地域で直に配布したりもしました
」などとして、犯罪にあたるかのような表現まで使用しているのであるから、これにより低下する社会的信用の程度は著しく大きいものという他ない コロナの影響で変化があるようだ
立花孝志代表も、NHKから国民を守る党も、全員がこれで終わりです けっこう地味な選挙がまとまっているので、普段ならあまり積極的に買わないかもしれないレポートかもしれませんが、ここには一期一会の出会いがあります
しかし、実際に集まっている人たちを見ると、ゆたぼんのパパを筆頭に、オカルト陰謀論者の黒川敦彦、ナスの着ぐるみを来た元AV男優のナンパ師、全身タトゥーの元コカイン常習者を自称するジジィなど、 「珍獣博覧会」の如し 「ちだい君」の裁判についての情報も可能な限り、お伝えしたいと思います
我々の見立てでは 「諸派党構想」になってから、N国党のブランドは著しく低下していると考えているが、なぜ立花孝志は手応えを感じているのか 小川学さんは黒川敦彦が代表をしていた 「オリーブの木」から立候補したことのある人だということで、11人中7人が 「ヤバい奴」という壮絶な選挙になっていました
私たちは、西尾市議会の最高規範であり、「市民に開かれた議会」を標榜する西尾市議会基本条例( 2016年 10月 1日施行)を踏まえ、議会は、市民の代表機関として、議会報告会を少なくとも年に一度は開催すべきだと考えています 要するに、NHKのことを何とも思っていなくても、何かしらの主義主張を持っている者であれば受け入れることができ、参加してくれる人の輪が広がったと感じているからだ
選挙戦になると、まちなかをぐるっと回ってチェックしているという、ジェフリーさんいわく「交差点にはよく候補者が立っていることが多いです」 さらに、宋寿人は後藤輝樹と河合悠祐が立ち上げた 「愛の力党」の推薦候補