高須 リコール。 愛知県知事リコール不正、なぜ起きた? やらないとわからない、尋常ならざるリコール署名の実態(まいどなニュース)

5月20日• 全然、意見の相違はない」 (高須氏) 「(活動表明の会見に)市長がおいでにならないから『市長はどうなさったんですか』と聞くと、『来られない』 高須は、不正に手を染めていた田中の言い分を、丸ごと信じていたのか、あるいは自らも不正に関わっていたのかのいずれかになる
」 武田:そもそも不正など行われないという互いの信頼がなければ、この制度は成り立たないと感じましたが、星さんはどんなことを感じましたか 「田中さん自身は、(不正に)関わってはいない?」 田中孝博事務局長 「全く
憲法・情報学が専門 京都大学大学院 曽我部真裕教授 「民主主義は、努力して維持しなければ崩れてしまうような仕組みです
「スタッフは、『愛知県の知事がこんな悪いことしてます』みたいな話を念入りにした」「『字の丁寧さは良いから早く書け』と言われた」と証言 2021年2月18日閲覧
しかも、水野昇さんは保守側の人間であるので共産党系の弁護士や立憲民主党の国会議員などに助けを求める事もできない ヒロミも坂上に同調して、笑いながらこんなふうに高須氏をかばう
このうち、4800万円ほどが「寄付金」となっています 代表の高須のほか、河村、、が出席
大村は『文藝春秋』2021年5月号に寄稿した手記で次のように述べている という二点に関しては同じ考えのようですね
そんな汚いことで、汚いこと嫌いです、僕は そしてこれは刑事訴訟法239条2項により公務員である選管が誰かを告発する事を意味します
8