ワード ページ 番号 表紙 以外。 【Word】2ページ目からページ番号を付ける~先頭ページのみ別指定

1.ページ番号の設定方法• [ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。

長文作成の時には、是非活用してください。

5[前と同じヘッダー/フッター]ボタンをオフにする [フッター - セクション2 -]が表示されました。

後は表紙を除いて途中からページ番号を振りたい場所において、通常通りページ番号を入れていきます。

表紙だけを印刷したいときは? ページ番号のところにカーソルを入れて「p」「頁」などの文字を入力します。

まず、いつも通りページ番号を設定しておきましょう。

パソコン上で見るときも役に立ちますが、印刷したときには特に入れておきたいですね。

この場合には、「スタイルと書式設定」を利用します。

希望しているような設定にする方法は二つあると思います。

すると、先頭ページのページ番号が消えました。

ワードでページ番号の位置を自由に設定 ワードでページ番号を自由に設定するには、「セクション区切り」という機能を使います。

そんなときは、ページ番号を入れずに印刷することもできます 下図のようにこの文書はページ番号が10から始まっています
ただ、ページ番号はセクション単位で考えていくため、先頭ページである表紙のページも、別指定できるとはいえ、それ以外のページと同じセクションに属しているため、[開始番号]を考える際には、このセクションの先頭のページ、つまり表紙のページから数え始めて考えたというわけです 複数人で文書を作って印刷し、最後に1つの文書にまとめるような場合に便利です
拡大するとこんな感じ 「1」以外の数字からページ番号を始める入れ方 通常、ワード(Word)のページ番号は「1」から始まります
では、 2ページ目からページ番号1から始まるように変更したいと思います フッター部分をダブルクリックして、編集モードに切り替えます
具体的には露中からページ番号をつけたい場の先頭所(今回は表紙の次のページ)のヘッダー、フッダーをクリックし、上タブの「前と同じフッダー、ヘッダー」を再度クリックしチェックを外します ただし、3~5の操作はしなくても、セクション区切りと次の「表紙や目次以外にページ番号を入れる」の操作をすることで、自由に好きなページ番号を入れることができます
今回はフッター(ページの下部)に中央揃えでシンプルなページ番号を入れることにするので、[ページの下部]の[番号のみ2]を選んでもいいですし、 もともと既にフッターに文字カーソルが置いてある状態なので、[現在の位置]から[番号のみ]というシンプルタイプのものを選択して、あとから自分で[中央揃え]を設定してもOKです このときのページ番号の[開始番号]は[ 1 ]からです
[ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブ、[オプション]グループにある、[先頭ページのみ別指定]にチェックを入れると、 表紙のフッターが、[1ページ目のフッター]に変わりました! これで、先頭ページである表紙と、それ以外のページとで、別のヘッダー/フッターを設定することができるようになりました まずは、先頭ページにページ番号を表示させないようにする方法