問題 ありません 敬語。 試験に出る敬語のパターン

すなわち、 物事が順調に運んでいることや何も障害や心配がないことなどを表します 「問題ございません」を使う場面 では、「問題ございません」を使う場面をみていきましょう
「承知いたしました」は「わかりました」という意味の敬語ではありますが、了承することでこの日程で「問題ありません」という内容を伝えているのです 一見、なんの問題もないという所感を答えているようにも思えますが、所感はどのように思うかと言うオープンクエスチョンですから、クローズドなイエスまたはノーで答えるのはおかしいのは分かるはずです
「問題ございません」が尊敬表現に対して、「承知しました」は謙譲表現なので、要求を受け入れることを目上の人に対して伝えるときに使える表現です 安否確認に答える• もちろん顧客の方や目上の方に対しても「問題ありません」という言葉は、無条件では使いにくいです
よろしければ 「よろしければ」は「よかったら」という意味で、相手に何かを依頼するときに、その前に相手にお伺いをたてるときに使う表現です 確かに敬語も使う相手や頻度によっては、思わぬトラブルや誤解を招く可能性もあります
問題があるかないかをイエスかノーかで問う質問ですので、相手は答えやすくなります 「結構です」は「構いません」と同じような理由で、目上の人には使わない方がよい表現です
64 20 41